DRONE

ティアフォー、損保ジャパンほか、西新宿エリアで5G活用した自動走行ロボット配送サービス実証実験展開

ティアフォー、損保ジャパンほか、西新宿エリアで5G活用した自動走行ロボット配送サービス実証実験展開

株式会社ティアフォーは、損害保険ジャパン株式会社(以下:損保ジャパン)、KDDI株式会社、小田急電鉄株式会社(以下:小田急)の4社が取り組む「5G×自動配送サービスプラットフォーム事業」が、2021年8月13日、東京都の「令和3年度西新宿エリアにおける5Gを含む先端技術を活用したスマートシティサービス(5G等活用サービス)実証事業」に採択された。

ティアフォー

4社は、同プロジェクトを通じて、ヒトの移動ではなく「モノが移動する」新たなスマートシティの実現に向け、5Gを活用し、西新宿エリアにおけるラストワンマイルを自動走行ロボットが配送するサービスの実証実験を2022年1月頃から実施する。また、同実証実験のモノの配送サービスを利用し、共同で課題検討などをしていく事業者を募集する。

■同実証実験の背景・目的

西新宿エリアは「スマート東京」の先行実施エリアとして、「TOKYO Data Highway 基本戦略」における5Gの重点整備エリアの一つに設定されている。同プロジェクトは、西新宿エリアを全国に先行する実証エリアとし、東京都内において5Gを活用したサービスの事業化を促進することを目的としている。

ティアフォーは、パートナー企業である損保ジャパンおよびKDDIと共に、2020年から、自動走行ロボットを活用した配送サービスについて、協力体制を構築してきたという。また、小田急は新宿中央公園などの地域資源を活用し、西新宿エリアの魅力創出に向けた取り組みを推進してきた。

同実証実験は、自動走行ロボットによる新たな配送サービス事業の実用化に向け、技術・運用・事業面での課題を可視化し、早期実用化を促すことを目的として実施する。

同プロジェクトにおける実証実験の概要

「『ヒトが移動する』街から『モノが移動する』スマートシティへ」をテーマに、自動走行ロボットによる5Gを活用した配送サービスの実証実験を実施する。

  • 実施期間:2022年1月頃(予定)
  • 走行エリア:西新宿エリア(新宿駅から新宿中央公園までの扇形の赤枠で囲われたエリア)
  • テーマ:「ヒトが移動する」街から「モノが移動する」スマートシティへ

自動走行ロボットによる配送サービスプラットフォームの構築

  • 地域内の「ラストワンマイル配送」プラットフォームとして、自動走行ロボットを活用した実証を実施
  • 多くの公道自動運転実証で培った走行技術、運行管理技術、5Gを活用した遠隔監視技術、トラブルサポートなど、配送サービスの実現に必要となる先進技術を、事業者向けにパッケージングして提供

西新宿エリアでのサービスイメージ想起と実用化への課題発掘

  • 事業者と広く連携してサービスシナリオを立案し、実際のサービスイメージを想起させる実証を実施
  • 実施の結果、実用化にむけた課題について、技術面・運用面・事業面で洗い出しと対応方針の策定

取り組み内容

さまざまなサービスシナリオに沿ったユースケースを用意し、西新宿エリア内に複数設置された「ミーティングポイント」までモノやサービスを積込み、自動走行ロボットが配送する。

ユースケース例

事前予約された方へ、自動走行ロボットがホテルから公園まで飲食物を届ける。ホテルのサービスを屋外でも楽しめる新しい過ごし方の提案により、スマートシティ化が進む西新宿の"未来のライフスタイル"が体感可能だという。

※その他にも今回募集する事業者とさまざまなユースケースを検討予定

車両(自動走行ロボット)

自動運転システム「Autoware」を搭載した自動走行ロボットを、実証実験に向け新規に開発予定。

■同プロジェクトに参画する各社の役割分担

  • ティアフォー:自動走行ロボットの開発、自律走行オペレーション、運行管理システムおよび 遠隔監視システムの技術開発・提供
  • 損保ジャパン:自動運転リスクアセスメント、遠隔見守り、保険提供
  • KDDI:5G/4G LTE通信ネットワークの構築、提供
  • 小田急:配送ユースケースの実証実験の実施協力
Return Top