DRONE

「第2期TRY! YAMANASHI! 実証実験サポート事業」に6社採択。応募総数は37社

「第2期TRY! YAMANASHI! 実証実験サポート事業」に6社採択。応募総数は37社

山梨県が、今年度より実施している、最先端技術やサービスを有するスタートアップ企業等に伴走し、山梨県全域を対象にした実証実験を全面的にサポートする「TRY! YAMANASHI! 実証実験サポート事業」において、3月17日に二次審査(ピッチ審査)を行い、第2期採択事業者として応募総数37社の中から6社を採択した。

採択企業(※五十音順)

AssistMotion株式会社 歩行補助ロボットによる次世代パーソナルモビリティで高齢者の生活支援を!
歩行補助ロボットcuraraを用いて、新しいパーソナルモビリティを提案するとともに、高齢者の移動に関する問題を解決する
株式会社アドダイス 感染症対策/未病対策AI見守りテンプレート実証実験
リストバンド型のウェアラブル端末「ResQ Band」により日常のバイタル測定し、関係者と共有するAI見守りテンプレートの実証を行う
株式会社A.L.I.Technologies ドローン物流プラットフォーム 空のインフラ構築プロジェクトin北杜市
無人航空機が離発着できる拠点を整備する共に、ドローン航空管制システムを活用した管理体制を構築する
株式会社エジソンエーアイ レジレス店舗ソリューション
実店舗にカメラやセンサを設置し、買い物客を入店から退店まで追うことで、レジ清算せずに退店するだけで決済できるシステムの実証を行う
プラスマン合同会社 AI肺がんCT検診による医師、患者、行政、三方良しプロジェクト
肺がんCT検診データを用いて、肺結節表示AIによる読影結果と医師による読影結果の精度比較を行い、AIが一次読影を担えることを実証する
U3イノベーションズ合同会社 オフグリッド住環境の実現に向けた最適設備運用モデルの構築
オフグリッドで電気や水などのライフラインを提供できるサービスの実現に向けて、必要なインフラ設備の最適運用のためのモデルを構築する

今後のスケジュール

  • 令和4年4月上旬~9月下旬:実証実験プロジェクト実施
  • 令和4年1月:成果報告会
djimini3pro
Return Top