DRONE

SkyPixel&DJI主催「第8回フォト&ビデオコンテスト」エントリー開始。賞品総額143,000ドル相当

SkyPixel&DJI主催「第8回フォト&ビデオコンテスト」エントリー開始。賞品総額143,000ドル相当

DJIとSkyPixelは、「第8回 SkyPixel フォト&ビデオコンテスト」の開催を発表した。本日11月9日から2023年1月30日の期間中、空撮またはハンドヘルドで撮影した映像を介して映像制作コミュニティーにインスピレーションを与えるような作品を募集する。

8回目となる今回は、「The Story Behind(映像で届けるストーリー)」をテーマに、作品の中に描かれるストーリーテリングの要素に注目する。動画部門と写真部門、合わせて10種類のカテゴリーを設け、参加者はそれぞれ異なるストーリーを自分だけの語り口で表現していく。

応募作品は、クラウディオ・ミランダ氏(アカデミー賞受賞撮影監督)、アン・ファラー氏(雑誌「ナショナル ジオグラフィ ック」フォトグラフィー副編集長)、ベンジャミン・エヴェレット氏(ハッセルブラッド マスター)など、映像業界で活躍する著名人によって構成された審査委員会で審査される。

また今年は40種類以上の賞を設け、賞品総額はコンテスト史上最高金額となる143,000ドル相当に。最優秀賞「Best Work」(動画と写真各1作品ずつ)は、受賞者にそれぞれ「Hasselblad 907Xアニバーサリーエディションキット」と、38mmまたは55mmのレンズから好きな方を1つ、そしてトロフィーと賞状が授与される。他のカテゴリー賞品には、「DJI Mavic 3」、「Osmo Action 3」、 DJIクレジット(総額13,700ドル相当)などが用意されているという。

「第8回 SkyPixel フォト&ビデオコンテスト」詳細

動画部門カテゴリー
  1. Nature(自然)‒ 自然が秘めたパワー
  2. City(都市)‒ 都市が生み出すインスピレーション
  3. Travel(旅)‒ 最後にたどり着いた絶景
  4. Sports(スポーツ)‒ 勝ち負け以上の価値
  5. Story(ストーリー)‒ 言葉では伝えられない想いを映像で
  6. Vertical(縦向き撮影)‒ 新たな視点

※応募動画の長さは5分以内、かつDJI製品を使って撮影した映像を30秒以上含めること

写真部門カテゴリー

  1. Nature(自然)‒ 自然が秘めたパワー
  2. Architecture(建造物)‒ デザインの持つ美しさ
  3. Portrait(ポートレート)‒ 空からのポートレート
  4. Sports(スポーツ)‒ 勝ち負け以上の価値

※各カテゴリーともに応募写真は、ドローンを使って撮影したもの、かつ各画像はサイズ3MB以上、解像度300dpi以上であること
※EXIFデータが保存されたオリジナルの状態であること

作品提出の詳細

作品の受付開始日時:2022年11月9日 13:00(日本時間)
作品の受付終了日時:2023年1月30日 13:00(日本時間)
受賞者の発表:2023年3月3日 13:00(日本時間)

ルールやガイドラインなどの詳細情報は「第8回 SkyPixel フォト&ビデオコンテスト」公式サイトにて確認。

※写真、動画いずれも空撮に使用するドローンのブランドに制限なし
※写真、動画の応募数に制限なし

Return Top