DRONE

Verizon、UPSとSkywardと協業して5Gドローン配送へ [CES2021]

Verizon、UPSとSkywardと協業して5Gドローン配送へ [CES2021]

携帯電話インフラ大手のVerizonは、現在開催中のCES2021の基調講演で、Skyward社、UPS社とVerison4G LTE接続されたドローン配送に加え、5Gでの実証実験協業を発表した。フロリダ州ビレッジ地区での5Gドローン配送を目指している。

私たちは、複数のドローンを同時に飛行させ、集中的な場所から派遣し、安全な環境で動作するように管理・サポートする能力が必要になります。これをベライゾンやスカイワードと並んで大規模に行うためには、5Gの力が必要になるでしょう。

とUPSのCEOであるCarol B. Tomé氏はコメントしている。またVerizonの最高戦略責任者であるRima Qureshi氏も以下のようにコメントしている。

5G Ultra Widebandのパワーがどのようにビジネスの運営方法を変革するかを見始めたばかりです。UPSや他の革新的な企業と提携することで、お互いの専門知識から学び、世界を前進させるためのソリューションを共同で生み出すことができます。

2020年、Verizon、UPS Flight Forward、Skywardは、高度でのセルラーの信頼性と性能を実証するために、配達用ドローンで4G LTEのテストを開始した。そして5Gの運用へ向かう事になる。ドローン、トラック、飛行機のフリートを含む多忙な物流ハブにとって、5G Ultra Widebandとエッジコンピュートの低遅延は、トラフィックや貨物の位置を監視するのに最適であり、自律的な空撮車や地上車の台頭に伴い、5Gは必要不可欠なものとなるといえる。

UPSは、2019年にFAA(米連邦航空局)認定ドローン配送会社「UPS Flight Forward」を設け、3,800回以上のドローン配送を成功させてきた。2020年、世界的なパンデミックのため、ドローン配達は、医療配送などより迅速な配達が求められた。高リスクの高齢者に、自宅で健康を維持するための迅速かつ非接触の配達オプションが提供可能になるからだ。

Verizonの5GとSkywardを使用することで、より個人的に、オンデマンドに、安全性、効率性、信頼性を持って、配達体験を変革することができます。

UPS Flight Forwardの副社長であるBala Ganesh氏は述べている。

Return Top