DRONE

SECOM、民間防犯用「セコムドローン」サービス提供を開始

SECOM、民間防犯用「セコムドローン」サービス提供を開始

第1回国際ドローン展で出展していた「セコムドローン」

セコム株式会社は、民間防犯用としては世界初の自律型飛行監視ロボット「セコムドローン」のサービス提供を、12月11日から開始した。

「セコムドローン」は、セコムが長年培ってきた画像技術やセンシング技術、そして防犯・飛行ロボット技術を駆使し、セコム独自のコンセプト、ノウハウで開発した、自律型飛行監視ロボット。監視カメラとLEDライトを搭載したセコムドローンが侵入異常発生時に対象の車や人に上空から接近し、近距離で車の周囲を飛行し、車のナンバーや車種、ボディカラー、人の顔や身なりなどを撮影。この画像をいち早く無線でセコムのコントロールセンターに画像を送信することで、不審車(者)の追跡・確保に役立てるという。

このサービスは当初6月開始予定であったが、航空法改正施行もあり、承認取得後12月11日からサービス開始した。

■「セコムドローン」の利用イメージ

Secom_info_02

■「セコムドローン」の機体仕様

  • サイズ:幅 570mm(対角 685mm)×奥行 570mm×高さ 225mm
  • 重さ:2.2kg(バッテリーを含む)
  • 飛行速度:時速 10㎞
  • 飛行高度:不審者・不審車両追跡時 3~5m
  • ■価格

  • 月額 5,000円(税別)~
  • 工事料(ドローンポート、制御部含む) 800,000 円(税別)~
  • ※オンライン・セキュリティシステムと「レーザーセンサー」による外周監視を導入済みのご契約先に対して、 「セコムドローン」を設置する場合。

    djimini3pro
    Return Top