DRONE

EdgyBee、DJIドローンに対応したARモバイルアプリ「Drone Prix」を発表

EdgyBee、DJIドローンに対応したARモバイルアプリ「Drone Prix」を発表

EdgyBeesは、DJIのPHANTOM 3 PRO、PHANTOM 4シリーズとMAVIC PROに対応した、ドローンの操縦方法を学べるARモバイルアプリ「Drone Prix」を発表した。Drone Prixアプリは AppleのApp StoreおよびGoogle Play Storeからダウンロードが可能。

Drone Prixは、DJIのソフトウエア開発キット(SDK)を使用して開発されたDJIの空撮プラットフォーム専用のARアプリ。

ソロ&コンペティションモード(Solo and Competition Modes)では、自分の前回タイムと競うタイムアタックレースや、世界中からゲームに参加しているユーザーとランキング上で競うレースが選択可能。フライトアシスタント(Flight Assistant)は、トラックガイドのナビゲーションで、障害物の周りにあるコインやポイントを集めながら操縦する。初心者向けから熟練者向けまで30を超える障害物コースから選択できるほか、ユーザーIDをFacebookアカウントと連携し(Social Engagement)、高得点のトップパイロットとしてSNSで共有が可能。

EdgyBeesのCTO兼創業者Menashe Haskin氏は、次のようにコメントしている。

Haskin氏:このアイディアを最初に思いついた時、ドローン飛行の楽しさとゲームの興奮する要素を組み合わせたいと思いました。Drone Prix ARアプリは、そのようなワクワクできる体験を提供する初めてのARソーシャルゲームです。フライトシミュレーターとは対照的に、Drone Prix ARは、実際に必要とされる操縦技術を活用し、仮想の障害物を回避するなど、さらに一歩踏み込んだ体験を提供します。

DJIのモバイルSDKを活用すると、アイデアをあっという間に現実のものにできます。ドローンの操縦体験を、このアプリがどんなふうに変えていくのか、想像するだけで本当にワクワクします。

DJIのブランドマネージメントディレクターTaehyun Moon氏は、次のようにコメントしている。

Moon氏:DJIは、スタートアップや開発者コミュニティに対して、アプリケーションの新しい利用法だけでなく、新規のビジネス機会を提供します。Drone Prixのアプリは、DJIのSDK がクリエイティブな可能性の扉を開く、数多くの素晴らしいアイデアの一つであることを証明しています。そして、ワクワクするような新しいカスタムアプリを構築するための開発者の能力を、より高めてくれます。

djimini3pro
Return Top