DRONE

ORSO、「ドローン学びの教材シリーズ」を発表。Tello専用コンテンツ「ボールでそうさしよう」をDRONE STARプログラミングアプリ内で配信開始

ORSO、「ドローン学びの教材シリーズ」を発表。Tello専用コンテンツ「ボールでそうさしよう」をDRONE STARプログラミングアプリ内で配信開始

株式会社ORSOは、iOS向けに配信中のドローンプログラミングを学べるスマートフォンアプリ「DRONE STARプログラミング」にて、新たに「ドローン学びの教材シリーズ」を発表した。第一弾コンテンツとして「ボールでそうさしよう」を2018年9月13日より配信開始した。

■ドローン学びの教材シリーズ

ドローン学びの教材シリーズは、小型ドローンに対応した「DRONE STARプログラミング」アプリ内にて、毎月無料コンテンツとして配信を行い、ドローンを教育に利活用しているユーザーや、塾・学校関係者向けに、提案、配信を行う。同「ドローン学びの教材シリーズ」を通じて、学ぶ生徒自身が能動的にPDCAを回し続ける環境をデザインし、毎月コンテンツを追加配信することで、ドローン教育の生態系を創り続けることを目的としている。無料期間は、配信から1ヵ月間を予定しており、無料配信後は、月額会員専用コンテンツとしていつでもプレイすることが可能。

■第一弾コンテンツ「ボールでそうさしよう」

第一弾コンテンツである「ボールでそうさしよう」は、Tello専用のコンテンツ。スマートフォンに搭載された傾きを検知する機能とゲームなどでよく用いられる物理エンジンを連動させ、重力ボールを得点ブロックの上でゆらゆら操作する。ドローンを"そうさ"しながら、得点スコアを伸ばしていくことで、ドローン固有の"微妙な舵感覚"と重力を学ぶことができるとしている。また、安全を確保するため、ドローンの可動範囲を横およそ1.2メートルに制限している。

djimini3pro
Return Top