DRONE

DJI、航空測量用フルサイズセンサーカメラZenmuse P1発表

DJI、航空測量用フルサイズセンサーカメラZenmuse P1発表

DJIは、測量展示会INTERGEOにて、航空測量用フルサイズセンサーカメラ「Zenmuse P1」を発表した。製品出荷は2021年初頭開始予定。

Zenmuse P1は、業務用ドローンのフラッグシップモデルMatrice 300 RTK用に設計され、地理空間データ収集に特化したDJIカメラペイロード。45MPのフルサイズの低ノイズ高感度センサーを統合し、3軸ジンバルスタビライザー上の交換可能な24/35/50mm単焦点レンズで柔軟な表示形式を提供する。

Zenmuse P1は、地上基準点がない状態でも高い精度(水平3cm/垂直5cm)を実現し、一回の飛行で3km2範囲をカバーできる。また、メカニカルシャッターを搭載し、マイクロ秒レベルでモジュール間の時間を同期する刷新されたTimeSync 2.0システムを採用。リアルタイムの位置と方向を補正する技術と組み合わせて、cmレベルでの精度の高いデータを取得できる。スマートオブリークキャプチャー機能は、容易に3Dモデリングに最適なオブリーク撮影が可能。

DJI Zenmuse P1を採用することで、写真測量のプロに最先端技術をもたらし、その独自機能により作業の効率化を実現するという。2Dオルソモザイク、cmレベルの精度で3Dモデリング用の傾斜画像を必要とする複雑なミッションを実行する。

細かいテクスチャ/構造/特徴を忠実に再現できるように、安全な距離から垂直面または傾斜面の超高解像度画像データを取得できるようになり、詳細なモデル再構築、地質調査、自然環境遺産の保全、水力工学などに活用できる。DJI Terraを使用して、測量チームは地理情報を計測するリアルタイムでマッピングするミッションに取り組むことも可能。

▶︎DJI
Return Top