DRONE

WILLER、エリア定額AIシェアリングモビリティサービス「mobi」開始

WILLER、エリア定額AIシェアリングモビリティサービス「mobi」開始

WILLER株式会社は、New Normalによって増加している「自宅から2km圏内の暮らし」において、人とひとが繋がりコミュニティが生まれる「Community Mobility」をコンセプトとした、月額定額料金で家族みんな乗り放題になるAIシェアリングモビリティサービス「mobi」を、2021年6月17日より「mobi Community Mobility」アプリで販売開始した。

mobiは、マイカーを所有せず街の人々とシェアすることで、必要な時にアプリや電話で呼ぶと約10分で配車され、AIを活用して最適なルートを効率よく出発地から目的地まで移動できる。サブスクリプションに参加のコミュニティの人々が、乗降ポイント等を提案しながら、より便利で効率的な、自分達が欲しい移動サービスを作る新しいスタイルの「共有交通」だという。

■「mobi」主な特徴

  1. 呼ぶと平均10分で迎えにくる
  2. AIルーティングにより、お客様の予約状況や道路状況を考慮して、最適なルートで目的地まで移動できる
  3. 月額定額5,000円で乗り放題。同居家族は6人まで登録可能で、1人あたり500円追加で利用可能(家族3人でのご利用の場合、合計6,000円、1人あたり2,000円)
  4. 誰もが簡単に操作できるアプリのインターフェイスを採用
    ・地図上のピンをタップするだけで乗降地が設定可能(テキスト入力による検索や、過去の利用履歴からも予約可能)
    ・本人だけでなく家族やサブスクリプションを登録されていない友人等の予約も同時に予約可能
    ・現在車両がいる場所が一目でわかり、ドライバーと電話やチャットで連絡も可能
  5. エリア専属の顔見知りのプロのドライバーが運行するため、お子様やご高齢の方にも安心

第一弾は、京丹後市(京都府)にて6月30日(水)より、渋谷区(東京都)にて7月1日(木)より運行開始予定。

Return Top