DRONE

NTTドコモ、Skydioソフトウェア「Skydio 3D Scan」取り扱い開始

NTTドコモ、Skydioソフトウェア「Skydio 3D Scan」取り扱い開始

Skydio 3D Scanで飛行中のSkydio 2

株式会社NTTドコモは、Skydio, Inc(以下:Skydio)の飛行支援ソフトウェア「Skydio 3D Scan」の取り扱いを開始した。NTTドコモは2020年からSkydio 3D Scanの技術検証および開発への技術フィードバックを行い、日本で最初のLaunch Partnerとして取り扱いを開始する。

Skydio 3D Scanは、3Dや2D撮影など利用目的に応じて自律的、自動的に構造物を撮影することができる飛行支援ソフトウェア。同ソフトウェアを活用すると、GPSが取得しづらい環境や複雑な構造物においても、ドローンが構造物を認識し、上下6つのカメラが取得したデータをもとに、障害物を回避しながら自動飛行する。

また、シンプルな設定で目的に応じた飛行が可能。はじめに構造物の上面、下面、幅など構造物の領域を指定し、構造物との距離や撮影する写真の重なる範囲の比率(ラップ率)などを設定する。デジタル空間上に3D仮想モデルを作成する際には、構造物に接近して多くの写真を取得し、現場の状況把握などスピードが求められる状況では、少ない枚数で網羅的な写真を取得する。

Skydio
Skydio 3D Scanの飛行軌跡と飛行順序。黄、青、紫の矢印の順で規則的に飛行

Skydio 3D Scanを用いることで、カメラの角度や機体の向きもドローン自身が自動調節しながら飛行する。また、決められたエリアの外にドローンが出ないよう安全機能の設定ができるため、パイロットは安全管理に集中できるという。Skydio 3D Scanに加えて、「docomo sky」のAI解析機能や3D構築ソフト、ビューワーがあれば、飛行軌跡とともに詳細な写真も撮影することが可能。

産業向けドローンは、現場確認に必要な人的稼働を減らすことができるほか、人が赴くのが難しい現場での確認の代替手段として注目されている。一方で、ドローンは操縦が難しく、正確な飛行技術の習得には一定の期間と訓練が必要であり、そのことが普及を阻む要因のひとつとなっていたという。

Skydio 3D Scanは、シンプルな設定で自動的に撮影できることに加え、GPSが取得しづらい環境など幅広い環境で活用ができるため、産業用途でのドローン活用の促進が期待される。

■「Skydio 3D Scan」概要

1.構造物について、3Dモデル化、2Dオルソ化などに適した撮影を実現
従来のソフトウェアでは飛行が困難であったGPSが取得しづらい環境や複雑な構造物の撮影が可能。

撮影可能な構造物の例

Skydio 3D Scan
鉄製構造物
Skydio 3D Scan
GPSが取得しづらい環境下の橋脚
Skydio 3D Scan
複雑な構造物

※取得した写真から3D化するためには別途3Dモデル構築のソフトウェアが必要

2.規則的で効率的な撮影が可能
Skydio 3D Scanを活用することでより規則的、効率的に構造物の撮影ができる。たとえば照明などを撮影する際、高いスキルを持つパイロットの手動飛行とSkydio 3D Scanでの自動飛行を比較すると、Skydio 3D Scanの方が短い時間で網羅的、規則的に撮影が可能。また撮影された枚数も少ないため点検などでの確認作業の効率化が図れる。

Skydio 3D Scan
パイロットによる手動飛行
撮影時間/枚数:約11分/785枚
Skydio 3D Scan
Skydio 3D Scanによる自律・自動飛行
撮影時間/枚数:約6分/193枚

※手動飛行はSkydio 2でタイムラプス撮影機能を用い1秒1回シャッターを切る設定で撮影
※ドローンの飛行軌跡については、エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社の「Knowledge Map 4D」を用いて表示

3.シンプルな操作
これまで構造物を3Dで撮影するためには高いパイロットスキルが必要だったが、Skydio 3D Scanを活用することで、GPSが取得しづらい環境であってもシンプルな操作で安全に自動飛行を行うことが可能。構造物の領域指定後、重なる範囲の比率(ラップ率)を調整することでバッテリー残量などを踏まえた撮影の設定を行うことができる。

Skydio 3D Scan
操作画面イメージ:撮影前の設定

4.AI解析での活用
構造物と一定間隔を保ちながら撮影を行うため、解析しやすい画像が取得できる。

Skydio 3D Scan
Skydio 3D Scanで撮影した画像のひび解析
Skydio 3D Scan
Skydio 3D Scanで撮影した画像のサビ解析

※ドコモのドローンプラットフォーム「docomo sky」で解析、確認
※「ひび解析」は、富士フイルム株式会社の「ひびみっけ」を利用
※「サビ解析」は、Automagi株式会社の「AMY INSIGHT」を利用

Return Top