DRONE

ENEOS、ZMP、エニキャリ、自動宅配ロボットによるデリバリー実証実験を佃・月島・勝どきエリアで実施へ

ENEOS、ZMP、エニキャリ、自動宅配ロボットによるデリバリー実証実験を佃・月島・勝どきエリアで実施へ

(左)Dr.Drive月島SSに停車している自動宅配ロボット、(右)公道走行中の自動宅配ロボット

ENEOSホールディングス株式会社、株式会社ZMP、株式会社エニキャリは、 東京都佃・月島・勝どきエリアで、2月1日~2月28日の期間中、 自動宅配ロボットを活用したデリバリー事業の実証実験を、実施することを発表した。 遠隔監視による複数事業者参加型で行われるのは国内初の試み。

同実証は、2021年2月に実施した第1弾の技術実証の第2弾。 前回はZMP提供の自動宅配ロボット「デリロ®(DeliRo®®)」で、「デリロ」のシステムと連携する注文・配送プラットフォームの有効性等を確認した。

今回は、2台に増やした「デリロ」を、2カ所の設置拠点に配備。 拡大した配送可能エリア内の多数の飲食店がパートナー事業者・配送先となって参加し、遠隔監視による公道を使用したデリバリーを行う。 事業採算性の検証を目的として、実用化に準じた体制・サービス内容で実証する。 2月18日にトライアルとして深夜営業を予定しており、将来的には、人手不足の深夜時間帯での営業も視野に入れている。

3社は、デリバリー需要が拡大する中、配達員の人手不足や安全性といった課題を解決する安心・安全なデリバリーサービスを、2022年度以降開始したいとしている。

djimini3pro
Return Top