DRONE

ロケット開発テーマのWEBTOONプロジェクト始動。インターステラテクノロジズが全面協力、かっぴー氏参画

ロケット開発テーマのWEBTOONプロジェクト始動。インターステラテクノロジズが全面協力、かっぴー氏参画

インターステラテクノロジズ株式会社は、マーケティングパートナーであるINCLUSIVE株式会社と、その子会社である株式会社ナンバーナインとともに、ロケット開発をテーマとしたWEBTOON(スマホ特化型の縦型マンガ)プロジェクトに取り組むと発表した。

WEBTOONには、原作者として「左ききのエレン」などの著者として知られる"かっぴー氏"が参画。公開は2022年秋ごろを予定している。

インターステラテクノロジズは「誰もが宇宙に手が届く未来をつくる」というビジョン実現のため、エンターテインメントの観点から宇宙産業とロケット開発事業の理解促進と認知拡大を目指す同プロジェクトに全面協力していくとしている。

プロジェクト始動の背景:ロケット開発をより身近に

世界の宇宙市場は年々拡大を続けており、「将来宇宙ロードマップ検討会(KEARNEY社)」の資料によると、2018年時点で約40兆円規模の市場が2040年には波及効果も含め約160兆円規模になると予測されているという。

今後の著しい成長が期待される産業領域である一方で、日常生活の中では身近なものと認識されておらず、今後の市場拡大にあたっては身近なものへと"翻訳"し、国民の関心と理解を高めることが必要不可欠だという。

同プロジェクトには、インターステラテクノロジズおよび北海道大樹町で宇宙港「北海道スペースポート」を推進するSPACE COTANが全面協力。宇宙産業に携わる人々、ロケット開発への取り組みや想いを、より多くの人々に知ってもらい、子供たちが憧れる産業にしていきたい―そんな想いのもと、WEBTOONという新しいコンテンツフォーマットを通じ、国民の関心と理解を高めることで宇宙産業の盛り上げに貢献していくとしている。

WEBTOONとは

WEBTOONはスマホに最適化された、縦読みフルカラー形式の漫画。韓国で誕生し、その後アジアをはじめ世界中で注目を集めはじめている。「ウェブトゥーンの世界市場:市場規模・情勢・予測(2021年~2027年)(QYResearch社発行)」の調査によると、2020年の世界WEBTOON市場は約2600億円(23億390米ドル)あり、その成長率を踏まえ2027年までには約1.85兆円(164億5,000万米ドル)に達すると予測されている。ナンバーナインは、その市場性に着目し、日本におけるWEBTOON市場開拓や製作に注力していくとしている。

原作者かっぴー(Kappy)氏について

今回、日本初、民間ロケットで宇宙に到達するまでの波乱万丈な物語をWEBTOON化するにあたり、原作者としてかっぴー氏がプロジェクトに参画する。かっぴー氏は人気漫画「左ききのエレン」をはじめ、「おしゃ家ソムリエおしゃ子!」「SNSポリス」などの作品で知られる漫画家。

各位コメント

株式会社ナンバーナイン 小林琢磨氏

韓国発のWEBTOONは、国内では最近注目され始めたばかりの新しい表現方法です。前例がない、歴史が浅い、まだまだ未完成なエンターテインメントです。だからこそ、民間から宇宙を目指すという日本では前例のない挑戦を行う今回のプロジェクトの舞台にふさわしいと考えています。宇宙を、WEBTOONをもっと身近な存在にするために、INCLUSIVEさん、インターステラテクノロジズさんと一緒に頑張ります。働くすべての大人たちにワクワクとドキドキを届け、明日への活力になる様な作品にしたいと思います。ぜひ、応援してください!!

インクルーシブ株式会社 代表取締役社長 藤田誠氏

WEBTOONという新たなコンテンツフォーマットを通じて、ロケット開発に関わる人々の想いや軌跡を多くの人に届けることで、宇宙関連ビジネスをより身近なものにしていきたいと考え、今回のプロジェクトを立ち上げました。SX(スペーストランスフォーメーション)の一環として本プロジェクトを推進し、宇宙関連事業の盛り上げに貢献してまいります。INCLUSIVEとナンバーナインは、原作者のかっぴー氏、インターステラテクノロジズ、SPACE COTANと協力し、世の中に広く愛される作品を共創することで、宇宙産業を盛り上げる取り組みを推進してまいります。

インターステラテクノロジズ株式会社 ファウンダー 堀江貴文氏

宇宙をテーマにした作品は多い。しかし注目を浴びるのはいつも表に出る宇宙飛行士ばかり。でも彼らの宇宙進出を支える無数の人たち存在する事にも光を当てたい、ずっとそう思ってきました。部品の一つ一つに気を配り、真摯な技術開発の現場を支える技術者たちの物語が今回、ついに生まれそうだ。とても期待しています。

インターステラテクノロジズ株式会社 代表取締役社長 稲川貴大氏

これまでエンターテインメントとしての宇宙といえばSFが主流だったと思います。これは多くの人に夢を与えて、現実の宇宙開発を進めたという大きな意味があったと思います。一方で、今後ますますリアルな産業としての宇宙産業が出てくるのが現在地点です。ロケット開発の現場のチャレンジングでエキサイティングな環境を多くの人に楽しみながら知ってもらえるようにご一緒していきます。

djimini3pro
Return Top