DRONE

トヨタ自動車

Tagged
こゆ財団、カーシェアサービス「TOYOTA SHARE」導入

こゆ財団、「TOYOTA SHARE」導入。地域内外へカーシェアリング認知拡大に貢献

一般財団法人こゆ地域づくり推進機構は、シェアリングエコノミーを活用した持続可能なまちづくり推進のため、宮崎トヨタ自動車株式会社の「TOYOTA SHARE」を導入した。地域内外におけるシェアリングエコノミーの認知拡大に繋げ、SDGs17「パートナーシップで目標を達成しよう」の進展に貢献する。 TOYOTA SHAREは...
20220603_wovenplanet_top

トヨタ、ウーブン・プラネット、ポータブル水素カートリッジのプロトタイプ開発

ポータブル水素カートリッジ(プロトタイプ) トヨタ自動車株式会社(以下:トヨタ)とトヨタの子会社であるウーブン・プラネット・ホールディングス株式会社(以下:ウーブン・プラネット)は、手軽に水素を持ち運びでき、生活圏の幅広い用途で水素エネルギーを使用できるポータブル水素カートリッジのプロトタイプを開発した。 静岡県裾野市...
記事のタイトル

空の移動革命、Joby Aviationやトヨタら10社新規参加

2021年5月21日、第7回「空の移動革命に向けた官民協議会」が開催された。2020年夏頃からスタートしたユースケース検討会のとりまとめ、「大阪・関西万博×空飛ぶクルマ実装タスクフォース」の設置、Joby Aviation、トヨタ、Volocopterら10社の新規参加が発表された。 ユースケース検討会は、2020年8...
フォルクスワーゲン、中国で「空飛ぶ車」の実現を検討中

フォルクスワーゲン、中国で「空飛ぶ車」の実現を検討中

フォルクスワーゲン安徽R&D UAM(都市型エアモビリティ)市場は、多くの自動車メーカも興味を持っている。ドイツの自動車メーカーであるフォルクスワーゲン社は、中国での旅客用ドローン開発の実現可能性を検討している。フォルクスワーゲンは、これまで電気自動車の生産に多額の投資を行ってきた中国で、都市部のエアモビリティ分野への...
トヨタ、空のモビリティの実現に向けてJoby AviationとeVTOLの開発・生産で協業

トヨタ、空のモビリティの実現に向けてJoby AviationとeVTOLの開発・生産で協業

JobyのeVTOL トヨタ自動車(以下:トヨタ)は、CES2020で街づくりを宣言したが、加えて新たな空のモビリティ事業として、電動垂直離着陸機(eVTOL)の開発・実用化を進めるJoby Aviation(以下:Joby)と協業することを発表した。Jobyとの協業において、トヨタは自動車の開発・生産・アフターサー...
トヨタ、2020年東京オリンピックまでに空飛ぶ車を

トヨタ、2020年東京オリンピックまでに空飛ぶ車を

日本の自動車メーカーの支援を受けたベンチャーが、あるモデルテストを行った。技術者たちは、2020年の東京オリンピックで空飛ぶ車による聖火リレーの点火ができるような小型自動車を開発しようというのだ。しかし今の段階でこのプロジェクトは、アルミニウムのフレームと8つのプロペラを組み合わせたものであり、なんとか離陸するものの数...
Return Top