DRONE

DJI、SkyPixelと「2019 SkyPixelショートフィルムコンテスト」初開催

DJI、SkyPixelと「2019 SkyPixelショートフィルムコンテスト」初開催

DJIと空撮写真/映像コミュニティーサイトSkyPixelは、カメラ製品とジンバル製品ユーザーを対象に、初のショートフィルムコンテストを開催する。「2019 SkyPixelショートフィルムコンテスト」は、2019年10月14日までエントリーを受付中。合計100人の受賞者に総額48,600ドルの賞が用意されている。

同コンテストは3つのストーリーテリングカテゴリーで構成されている。コンテストに参加する場合、OsmoやRoninシリーズといったDJI製品の使用を推奨している。ショートフィルムの応募数に制限はない。

なお、今回は日本から山田 智和氏とHOWARD FURUTA氏の2名のクリエイターが審査員として選出された。コンテスト概要は以下の通り。

■3つのストーリーテリングカテゴリー

  • Big Moments Start Small:小型・軽量化されたカメラデバイスを活かしながら、映画のようなシーンを撮影。DJI Osmo Pocketなどの製品を使用したメイキングのシーンを10カット以上挿入
  • Make Your Move:デバイスの手ブレ補正機能を活かしながら、動画を撮影。DJI Osmoシリーズなどの製品を使用したメイキングのシーンを10カット以上挿入
  • Adventure Starts With You:クリエイティブな撮影手法と視覚効果を活かし、ストーリー性あふれる短編映画を撮影。DJI Roninシリーズなどの製品を使用したメイキングのシーンを10カット以上挿入
  • ※応募作品の動画の長さは3分以内。

■作品提出

  • 受付終了日時:2019年10月14日午後4時(日本時間)
  • 受賞者の発表:2019年10月31日

「Recommended Films」「Best Editing」「Best Story」「Nominated Entries」「People’s Choice Prize」、メインパートナーであるSanDiskとWestern Digital Corporationがスポンサーの「This Week’s Most Popular」など、合計100人の受賞者に総額48,600ドルの賞が用意されている。

2019年度のBest Short Videoの受賞者には、新製品Ronin-SC Proコンボ、Osmo Action、Western Digital社製ポータブルストレージWD 2TB My Passport Wireless SSDが贈られる。受賞作品は、SkyPixelウェブサイトやSNSプラットフォームを通して、DJIのファンやフォロワーにも公開される予定。

DJIは人生のどんな瞬間にも、手ブレのない安定した動画を撮影する方法を再定義しました。コンパクトなサイズと優れた携帯性、強力な映像システムを備えるOsmoシリーズとRoninシリーズで、どこにいても誰もが創造性とインスピレーションを発揮できます。

このコンテストを通じて、より多くの人々が自分だけのストーリーをクリエイティブな方法で撮影し、それを世界へと発信してほしいと考えています。

と、Brand and Content Partnerships ディレクターのBasile David氏はコメントした。

Return Top