DRONE

Sony、AirPeakフィールドテスト開始!沖縄西表島を飛ぶ

Sony、AirPeakフィールドテスト開始!沖縄西表島を飛ぶ

ソニーは、近日発売予定のドローン「Airpeak」の開発状況を動画でアップデートした。このドローンは、厳しい飛行条件や環境でテストされている様子が見受けられる。さらに、ソニーはAirpeakがαカメラ、FX3、G-Masterレンズとの組み合わせで最も効果を発揮することを強調している。

ソニーはドローンの開発を綿密に進めていることが感じられる。先日の風洞実験で耐風性の高さを証明したAirpeakに続き、今度は厳しい環境下での飛行能力をアピールしている。

ソニーからのお知らせです。今回は、沖縄県西表島でのフィールドテストの様子をご紹介します。今回の映像は、先日発表した35mmαEマウントレンズ「FE 14mm F1.8 GM」を使用しており、超広角レンズの利点を活かして、亜熱帯のジャングルが多い西表島のダイナミックな自然の風景を、トリッキーな飛行条件で撮影することができました。

とコメントしている。また、マングローブの林の中を飛行させ、GNSS信号(高感度GPS)の受信が困難な状況下での動作を確認している。

Airpeak向けの最適なカメラはやはり自社のカメラだという。高画質な動画撮影や、ビルやトンネル内などの光量の少ない場所での撮影には、α7S IIIやFX3を。また、高精細なパノラマ空撮や、被写体の一部を拡大して確認したい場合には、約61.0メガピクセルの撮影能力を持つ強力なカメラであるα7R IVを推薦している。またフラッグシップ機のα1やα9 IIにも対応する予定だという。

Airpeakは、さまざまな機材を搭載可能なペイロード設計がされている。その中には、ミラーレスカメラ「α」用の35mmαEマウントレンズ群への対応も含まれている。レンズについては、G MasterシリーズのFE 14mm F1.8 GMやFE 24mm F1.4 GMをはじめとするさまざまなプライムレンズに対応する予定だという。

いよいよ動き始めた「Airpeak」!次の展開が楽しみだ。

djimini3pro
Return Top