DRONE

Pix4D、比類のないドローンマッピング3D写真測量ソフトウェア「Pix4D」を展開[Japan Drone 2022]

Pix4D、比類のないドローンマッピング3D写真測量ソフトウェア「Pix4D」を展開[Japan Drone 2022]

ドローンマッピング業界をリードするフォトグラメトリー(SfM)ソフトウェアを開発しているPix4D(スイス)は、手持ちカメラ、ドローンなどで撮影した画像から2Dオルソモザイク、DSM、3D点群/モデルを生成するフォトグラメトリーソフトウェア「Pix4D」製品を紹介した。

2011年に設立されたPix4D社は、スイスの大学からスピンオフで生まれたベンチャー企業。 ローザンヌにある本社を構え、デンバー、上海、ベルリン、マドリッド、東京にオフィスを構え、急速に事業を拡大している。

Pix4D、比類のないドローンマッピング3D写真測量ソフトウェア「Pix4D」を展開[Japan Drone 2022]
計測点を結んで三角形の網からなるメッシュデータが表示される

フォトグラメトリー(SfM)とは、複数の写真の特徴点を抽出して三次元を測れるデータを構成する写真測量のことだ。 Pix4Dは、建物や地形の情報をアプリで画像取得、見える化して、デスクトップまたはクラウドで処理してマップと3Dモデルを生成することができる。

Pix4D、比類のないドローンマッピング3D写真測量ソフトウェア「Pix4D」を展開[Japan Drone 2022]
スマホやタブレットにハンドヘルド「viDoc RTK rover」を装着して撮影すれば、RTK 衛生情報を使って高精度で測位できるため、誤差が数センチに抑えられる。

Pix4D社は、ドローンマッピング向けの写真測量ソフトウェアPIX4Dmapperをはじめ、農業分野ではPIX4Dfields、防災・公共安全分野ではPIX4Dreact、オンラインドローンマッピング、進捗状況の把握、現場状況記録ではPIX4Dcloud、自動の産業点検及び資産管理ではPIX4Dinspect、大規模マッピングではPIX4Dmatic、効率的な地形モデリングとベクトル化にはPIX4Dsurveyなど、用途に応じて多岐にわたるソフトウェアソリューションを展開している。

djimini3pro
Return Top