DRONE

ReportNow!

Tagged
ドローン業界に新しい流れ。盛況な様子を振り返る[Japan Drone 2021]

ドローン業界に新しい流れ。盛況な様子を振り返る[Japan Drone 2021]

大きく変わるドローン業界地図をリアルに体感 Japan Drone 2021が無事閉幕した。当然だがリアル開催は、展示会の醍醐味とも言える。2020年の開催に引き続き実際に幕張メッセで開催され、多くの関係者他が集った。今年2021年は、通信大手3社がスポンサー揃い、さらに直前でソニーが参戦するなど豪華な顔ぶれとなった。...
記事のタイトル

3キャリアKDDI・NTT docomo・ソフトバンク各社の展示でドローン利活用環境の近未来が見えた [Japan ...

ひさびさに携帯電話3キャリアが揃い踏みした「Japan Drone 2021」。来年のLevel 4の飛行解禁を控えその役割はさらに重要なものになっている。ブースもそれぞれの強みを生かした展示となっており、今回は3社あわせて紹介する。 KDDIスマートドローンプラットフォーム×PRODRONEの機体開発を含めたソリュー...
ドローン大学校

ドローン大学校、ブース内セミナーで今後の動向を"わかりやすく"講義。DJI Mini 2活用「空...

昨年もJapan Drone展入り口付近にブースを設置、卒業生を始め幅広い人脈交流の場にもなっていたドローン大学校ブース。今年は入り口付近にブースを構えるだけでなく、ブース内セミナーを逐次開催。人材教育機関ならではの存在感を示していた。 ブース内セミナーでは、どのように現行の航空法が来年変わっていくかというところをわか...
NEDO

NEDO、レベル4に向けた"ベースとなる技術"を総合的に展示 [Japan Drone 2021...

国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下:NEDO)は、衝突回避システム、衝突回避に用いる準天頂システムに対応した受信機やアンテナの研究開発、運航管理システム、運航管理に必要な気象情報提供機能に関する研究開発など、ドローンを活用してサービスを行うために必要な"ベースとなる技術"の開...
リーグルジャパン

リーグルジャパン「NFBスキャン」、コンパクトLiDAR「VUX-120」などLiDAR製品展示 [Japan Dr...

Japan Drone展はコンセプト展示や社会課題の解決策を提示するだけでなく、既存領域の最新機種を見ることができることも魅力のひとつだ。そのような中、リーグルジャパンはリーグル社(オーストリア)のLiDAR(ライダー、三次元点群を作成するレーザー画像検出と測距機器)のハイエンドモデルをライナップする日本総代理店。既存...
ハイテック

ハイテック、日本初上陸の固定翼型マッピングドローン「XENO FX」発表 [Japan Drone 2021]

Hitec Multicpex Japan,Inc.(以下:ハイテック)は、固定翼型マッピングドローン「XENO FX」をお披露目した。すでに、ヨーロッパとアメリカでは1年半前から販売を開始していたが、日本ではこれが初上陸になるという。ちなみに、「XENO」の日本語読みは「ゼノ」で通すとのこと。 XENOの最大の特徴は...
Pix4D

10周年のPix4Dはロゴを刷新、昨年急増した製品群を一挙紹介 [Japan Drone 2021]

Pix4Dは10周年を記念して刷新したロゴを目立たせた展示を行った。新しいロゴは、1製品から始まって、いまや14製品へと拡大した同社製品ポートフォリオの多様性と成長を示しているという。 「Pix4Dmapper」は、取得した複数の画像データから簡単に2Dや3Dのマッピングやフォトグラメトリーができるソフトウェアだが、さ...
アイザワ

アイザワ「HoloLens 2活用」で異彩、大型二輪エンジン搭載ドローンとデジタルツイン初披露 [Japan Dro...

バクテリアの代謝機能を活用した自己治癒コンクリートや、コンクリートの3Dプリンティングなどユニークなソリューションを提供する會澤高圧コンクリートは、今年も異彩を放つ展示を披露した。なんと、機体が置かれていない…。 かわりにあるのは、人が何人も歩き回れるスペースと、大画面のモニター。會澤高圧は、関連会社のアラセ・アイザワ...
ヤマハ発動機

ヤマハ、世界的エンジンメーカーかつドローンメーカーが送り出すシリーズハイブリッドコンセプトSHEV [Japan D...

ヤマハ発動機はもともと1990年代から産業用無人ヘリコプターを開発し、農薬散布の現場などで活用されてきた歴史をもつドローン開発メーカーでもある。ブースでは、産業用無人ヘリコプターを活用した資材運搬の実証実験や農薬散布用ドローン「YMR」の展示があるが、やはり注目はドローン用シリーズハイブリッドコアコンセプト「SHEV」...
ブルーイノベーション

ブルーイノベーション「Blue Earth Platform」の具現化!暗所・狭所点検ELIOS 2や送電線点検ソリ...

毎年多彩なバリエーションの機体やソリューションを大規模ブースで展示しているブルーイノベーション。今回は新リリースのソフトウェアで格段に使いやすくなった暗所・狭所の点検ドローン「ELIOS 2」と送電線を自律的に点検することができる「送電線点検用ドローン自動飛行システム」が注目だ。 ELIOS 2×Inspector 3...
エアロジーラボ

エアロジーラボ、エンジンジェネレーター搭載ハイブリッド型ドローンは飛行時間140分!カーボン一体型フレームはレーシン...

ドローンの運用形態がLevel 3~4になることによって機体性能には長時間の飛行が求められるようになっている。エアロジーラボはハイブリッド電源を持つ長時間飛行が可能なAeroRangeQUAD(エアロレンジクワッド)を展示していた。 エアロレンジクワッドは、6月より受注開始~12月発売を予定しているハイブリッド型ドロー...
記事のタイトル

JUIDA熊田事務局長に変革期のドローン人材育成・産業の発展・市場の創出についてインタビュー [Japan Dron...

2014年7月に設立以来、日本のドローン産業を牽引してきた日本UAS産業振興協議会(以下:JUIDA)。2015年10月から継続されるJUDIA認定スクールによるパイロット育成は15,000人目前(「JUIDA無人航空機操縦士」証明書保持者数)となっている。ブースではJUIDAのさまざまな取り組みについてプレゼンテーシ...
PRODRONE

PRODRONE、水空一体型ドローンやミリタリースペックシングルローター、インテリジェントドローンなど多彩なバリエー...

毎回話題性の高いドローンを開発するPRODRONE。今回はKDDIと共同開発した世界初の水空一体型ドローンを目玉展示に据えての参加となった。 水空一体ドローンは海の中でのサンゴの育成状況や赤潮の確認など、これまで人が船に乗って現地確認作業をしていたことの省力化を目的に作られた。目的地まで空中ドローンが自律的に移動・着水...
エアロセンス

エアロセンス、光学30倍ズーム4Kカメラ搭載の有線給電ドローンを披露 [Japan Drone 2021]

昨年、「Best of Japan Drone アワード 2020」の製品・技術部門で最優秀賞を受賞したエアロセンス。今年は、有線給電による連続飛行が可能な回転翼機「エアロボオンエアAS-MC03-W2」と、ケールの自動巻取機「エアロボリールAS-IAR01」、電源昇圧・通信中継モジュールであるベースステーション「AS...
テクノシステム

テクノシステム、エアロファシリティーら大型の「スペースフレームドローン」を展示 [Japan Drone 2021]

テクノシステム、エアロファシリティー、湘南工科大学、サレジオ工業高等専門学校は、昨年に続いて特設の大型ドローンゾーンに「SPACE FRAME DRONE(スペースフレームドローン)」を発表した。 特徴は、トラスという三角形を基本単位としてその集合体で物体を構成する形式を用いたフレームだ。いくつかのグリッドを組み立てて...
記事のタイトル

水中ドローンは、多彩な"バリエーション"が話題に [Japan Drone 2021]

Japan Drone展で年々存在感を増す、水中ドローンの展示は今年も活況だった。KDDIは水空合体ドローンの展示、日本海洋は汎用ROVの展示、ジュンテクノサービスとCFD販売は水槽でのFIFISHシリーズ操縦体験、スペースワンも水槽でのCHASINGシリーズのデモを行っていた。 こちらは、KDDI、KDDI総合研究所...
テラ・ラボ

テラ・ラボ、災害対策DXのための長距離無人航空機システムを展示 [Japan Drone 2021]

テラ・ラボは、3つの長距離無人航空機、現地の運航管理を担う車両、パラボナアンテナや航空レーダーなど、災害対策DXを推進するための統合ソリューションを大々的に展示した。大規模災害が起きたとき、中継装置を搭載した車両で現地付近まで向かい、そこから長距離無人航空機を飛ばして広域な観測データを取得して、人命救助とその後の救援・...
Space Entertainment Laboratory

スペースエンターテインメントラボラトリー、水上離着陸の飛行艇ドローンにEO/IRジンバル搭載 [Japan Dron...

スペースエンターテインメントが展示したのは、機体をまるごと洗い流せて、水上離着陸できる飛行艇ドローン「HAMADORI 3000」だ。機体前方のプロペラ2枚と左右幅約3000mmの固定翼を使って、わずか1〜2秒で水面から離陸して、GPSを用いた自動航行で約2時間飛び続けることができる。 今年は、このHAMADORI 3...
エバーブルーテクノロジーズ、初お披露目の新作がずらり [Japan Drone 2021]

エバーブルーテクノロジーズ、初お披露目の新作がずらり [Japan Drone 2021]

昨年、Best of Japan Drone Award 2020ニュービジネス部門で審査員特別賞を受賞したエバーブルーテクノロジーズのブースは、今回初お披露目になるという新作が目白押しだった。同社は、将来的には海洋の再生可能エネルギーを"エコな船"で陸へと搬送することを見据えて、自動帆船ドローンの...
Airpeak S1

SONY製国産ドローン「Airpeak S1」が注目度No.1!「α」シリーズ搭載可能な機体を間近にじっくりと! [...

ついに開幕したJapan Drone 2021。今回の目玉はやはりSONYが満を持して投入した「Airpeak S1」ではないだろうか。ブースには、余計な説明はなく、誇らしげにAirpeak S1が3機展示してあった。 初めて目の前にしたAirpeak S1は想像よりも小さいイメージ。1メートルサイズの機体をイメージし...
Vol.00 記事から事前予想「Japan Drone 2021」の歩き方 [Japan Drone 2021]

Vol.00 記事から事前予想「Japan Drone 2021」の歩き方 [Japan Drone 2021]

txt:田口厚&編集部 構成:編集部 ついに今年も開催まで1週間を切った日本最大級のドローン単独開催国際展示&コンファレンス「Japan Drone 2021」(6月14日(月)~6月16日(水)幕張メッセ)。都市部などの有人地帯での補助者なし目視外飛行(Level4)の解禁やそれに伴う制度改正を来年6月にひかえ、注目...
「SUPER DRONE CHAMPIONSHIP 2021」小学6年、上関風雅選手に栄冠輝く!

「SUPER DRONE CHAMPIONSHIP 2021」小学6年、上関風雅選手に栄冠輝く!

日本最大級の屋内ドローンレース「SUPER DRONE CHAMPIONSHIP 2021」が2021年3月16日、幕張メッセ国際展示場で開催された。初回の昨年、無観客開催にも関わらず放送や配信が好評だったことを受けて、第2回となる本大会の開催が決定。 初回に続いて一般観戦は見送られたが、デッドヒートが繰り広げられた。...
神戸市、ドローンの混載配送サービス実用化に向けた六甲山での実証実験に成功

神戸市、ドローンの混載配送サービス実用化に向けた六甲山での実証実験に成功

ドローンを宅配に活用しようという動きは全世界で進んでいるが、新型コロナウイルスの感染拡大以降は、自治体を中心に実用化を進める動きがある。神戸市も自治体としては早くからドローンの活用に取り組んでおり、2020年8月6日に六甲山でドローン配送の実用化に向けた実証実験が行われた。 これまでの実験との違いは、複数の商品を混載し...
[ReportNow!] Mavic Air 2プロトタイプから発表までの道のり〜DJIが明かすR&Dの秘密

[ReportNow!] Mavic Air 2プロトタイプから発表までの道のり〜DJIが明かすR&Dの秘...

DJI研究開発チームが目指す果てなき努力とその成果 2020年は、後世にいろいろ語られる年になるだろうが、まさにDJI Mavic Air 2の登場もその1エピソードとなるだろう。この価格帯にしてこの性能は驚くべきだ。 前回Mavic Air 2 開発者のインタビューに続き、今回はプロセスの裏側を紐解いていこう。 この...
Return Top