DRONE

水素燃料電池

Tagged
AndTech、産業用ドローン電池デバイス講座を開講

AndTech、産業用ドローン電池デバイス講座開講

株式会社AndTechは、9月22日にドローンにおける航続距離向上技術と電池・エネルギーデバイス、安全性への要望を学べる「産業用ドローン電池デバイス」講座をオンラインで開講する。要事前申込。 開催概要 産業用ドローン電池デバイスセミナー テーマ:産業用ドローンにおける航続距離向上技術と電池・エネルギーデバイスと安全性へ...
20220603_wovenplanet_top

トヨタ、ウーブン・プラネット、ポータブル水素カートリッジのプロトタイプ開発

ポータブル水素カートリッジ(プロトタイプ) トヨタ自動車株式会社(以下:トヨタ)とトヨタの子会社であるウーブン・プラネット・ホールディングス株式会社(以下:ウーブン・プラネット)は、手軽に水素を持ち運びでき、生活圏の幅広い用途で水素エネルギーを使用できるポータブル水素カートリッジのプロトタイプを開発した。 静岡県裾野市...
20220304_robodex_top

ロボデックス、水素燃料電池ドローンにジェイテクト社の高耐熱リチウムイオンキャパシタを採用

株式会社ロボデックスは、開発中の水素燃料電池ドローン及び次世代機に、株式会社ジェイテクトの高耐熱リチウムイオンキャパシタを搭載すると発表した。 キャパシタとは、二次電池に分類される蓄電デバイスで、電気の出入り(放電・充電)が非常に早く、出力密度に優れている。繰り返し充放電による性能劣化が少なく、寿命が長いのが特長。 ジ...
HES、地方向け水素電気旅客機「Element one」を発表

HES、地方向け水素電気旅客機「Element one」を発表

これまで12年に渡って小型無人航空機用の水素推進システムを開発してきたHESエネルギー・システムズだが、この度世界初の地方向け水素電気旅客機「Element one(エレメント・ワン)」の開発計画を発表した。 商業航空が始まって早一世紀、HESは様々なパートナーと手を組み、エアモビリティの新たな可能性を切り開くパイオニ...
MMC、水素燃料ドローン「HyDrone 1800」新バージョンを発表

MMC、水素燃料ドローン「HyDrone 1800」新バージョンを発表

アブダビ国立展示センターで行われたIDEX 2017にて、MMCはCATICと合同で「HyDrone 1800」の次期バージョンを発表した。同ドローンには次世代の水素技術が適用されており、軍事用に設計されているという。 ▶水素燃料電池で3時間の飛行を実現するMMCを直撃!〜[深圳ドローン紀行]Vol.02 以前DRON...
水素燃料ドローンメーカーMMC、アメリカに進出

水素燃料ドローンメーカーMMC、アメリカに進出

先日もお伝えしたが、水素燃料電池で動くドローンHydrone 1800を発表したMMCが、オレゴン州のポートランドに初の北米オフィスを開設した。本社は中国だが、すでにインドネシアやインドにもオフィスを構えている。同社CEOのZhihui Lu氏は次のようにコメントしている。 Zhihui Lu氏:MMCが世界に進出し続...
水素燃料電池で長時間飛行を可能にするHyDrone 1800登場

水素燃料電池で長時間飛行を可能にするHyDrone 1800登場

Micromulticopter Aero Technology(以下:MMC)は商業的に初めて活用できる水素燃料電池で動くドローン「HyDrone 1800」の4時間以上の飛行に成功した動画を公開した。 動画はHyDrone 1800長時間証明をするもので4時間ホバリングする映像が淡々と流れる…。 現在、ほとんどのド...
Return Top