DRONE

AAV

Tagged
DRONE FUND、3号ファンド設立。目標調達額100億円、ドローン・エアモビリティ社会実装を牽引

DRONE FUND、3号ファンド設立。目標調達額100億円、ドローン・エアモビリティ社会実装を牽引

投資先企業(一部)のプロダクトイメージ DRONE FUND(以下:ドローンファンド)は、2020年5月に目標調達額を100億円とする「DRONE FUND 3号投資事業有限責任組合」(以下:3号ファンド)を設立し、2020年9月にファーストクローズを迎えたことを発表した。 同発表時点での「3号ファンド」の投資家(一部...
SkyDrive、「有人機SD-03」で公開飛行試験成功

SkyDrive、「有人機SD-03」で公開飛行試験成功

株式会社SkyDriveは、2020年8月25日に同社の開発拠点である、1万m2の屋内飛行試験場を備えた豊田テストフィールドにて公開有人飛行試験を実施し、成功のうちに完了したことを発表した。同飛行試験では、世界初公開した有人試験機SD-03モデルを使用している。 同飛行試験は夕刻に行われ、飛行時間は約4分間。機体は1人...
EHang、航空救急車開発国際プロジェクト「Ambular」に参加

EHang、航空救急車開発国際プロジェクト「Ambular」に参加

AAV技術プラットフォーム企業であるEHangが、医療救急用のAAV開発を目指す国際プロジェクト「Ambular」への参加を決定した。このプロジェクトは、ICAO(国際民間航空機関)の支援を受けており、世界の航空界にeVTOL(電動垂直離着陸機)の可能性を引き出すことを目指している。 Ambularプロジェクトは、20...
EHang、消防用ドローン「EHang 216F」発表。多発する高層階火災に有用か

EHang、消防用ドローン「EHang 216F」発表。多発する高層階火災に有用か

AAV(自律型空撮車)技術プラットフォーム企業であるEHangは、EHang 216をベースに新しい消防バージョン「EHang 216F」を発表した。EHang 216Fは高層ビルの消火活動に特化した設計となっている。 今回の発表により消防や緊急救助などの様々な実用化に向けて製品化する能力をさらに証明した。 中国では何...
EHang、AAV(自律型空撮車)新生産工場を設立。いよいよパッセンジャードローンが量産化へ

EHang、AAV(自律型空撮車)新生産工場を設立。いよいよパッセンジャードローンが量産化へ

パッセンジャードローンを世に広め、AAV(自律型空撮車)技術のリーディングカンパニーであるEHangは中国広東省雲府市に、当初の年間生産能力600台を予定し、現地政府の支援を受け約600万米ドルの投資で、新たなAAV量産工場を新設することを発表した。同施設は、エアモビリティソリューションの研究開発施設や運用・技術人材の...
EHang、いよいよ観光飛行開始EHang 216が東シナ海上空を遊覧

EHang、いよいよ観光飛行開始EHang 216が東シナ海上空を遊覧

自家用機「EHang 216」が東シナ海の上空観光を披露 AAV(自律型航空機)技術プラットフォーム企業であるEHangは、中国東部の沿岸都市・煙台での観光試験飛行を発表した。EHang 216は4人の乗客を乗せ、中国全土にあるAAAAA(5A)の一つである煙台市の美しい漁師埠頭を中心とした海上を遊覧した。 EHang...
DRONE FUND、設立3周年を迎える。1号ファンド15.9億円、2号ファンド52億円資金調達完了

DRONE FUND、設立3周年を迎える。1号ファンド15.9億円、2号ファンド52億円資金調達完了

DRONE FUND(以下:ドローンファンド)は、2020年6月1日をもって設立から3周年を迎え、4年目の活動を開始した。あわせて、ドローンファンド創業者/代表パートナーの千葉功太郎氏が自家用操縦士のパイロット免許を取得したという。 ドローンファンドはドローン・エアモビリティ前提社会の実現を目指すため、国内外のスタート...
Ehang、次の狙いは商業物流。150kg超Ehang216、CAACより商業物流業務承認

Ehang、次の狙いは商業物流。150kg超Ehang216、CAACより商業物流業務承認

Ehangは、Ehang 216が、中国民間航空局(CAAC)の認可を得て、商業顧客向けに貨物輸送の試験運用を行うことを発表した。今回の承認は、2019年2月にCAACが公布した「特定無人航空機のパイロット運航規則(中間)」に基づいて行われた。150kgを超えるAAV(自律型航空機)に対するこのような承認は世界初となる...
Ehang、LNホールディングスと都市型エアモビリティテーマホテルで提携。商業的なパッセンジャードローンいよいよ誕生

Ehang、LNホールディングスと都市型エアモビリティテーマホテルで提携。商業的なパッセンジャードローンいよいよ誕生

2020年5月9日の調印式で確認された戦略的パートナーシップ契約に基づき、Ehang 216の自律型空輸車(AAV)が広州にあるLNガーデンホテルのパイロットプログラムに使用され、同ホテルは世界初の都市型エアモビリティ(UAM)テーマホテルになると発表した。ドローンが利用できるホテルの誕生となる。 このプログラムは 航...
Ehang、パッセンジャードローンで観光フライトを計画中

Ehang、パッセンジャードローンで観光フライトを計画中

Eangは、Ehang 216を使用して、本社所在地の広州で観光ツアーを開始する計画発表した。同社は、空飛ぶクルマやパッセンジャードローンなど多くの呼称があるなか自律型航空機(AAV)開発ではおなじみだ。Ehangは、広州ヘリチュアンシン不動産株式会社と提携し、「世界初の商業都市内観光UAM(都市空中移動)ルート」構想...
Return Top