DRONE

ReportNow!( 2 )

Tagged
テクノシステム

テクノシステム、エアロファシリティーら大型の「スペースフレームドローン」を展示 [Japan Drone 2021]

テクノシステム、エアロファシリティー、湘南工科大学、サレジオ工業高等専門学校は、昨年に続いて特設の大型ドローンゾーンに「SPACE FRAME DRONE(スペースフレームドローン)」を発表した。 特徴は、トラスという三角形を基本単位としてその集合体で物体を構成する形式を用いたフレームだ。いくつかのグリッドを組み立てて...
記事のタイトル

水中ドローンは、多彩な"バリエーション"が話題に [Japan Drone 2021]

Japan Drone展で年々存在感を増す、水中ドローンの展示は今年も活況だった。KDDIは水空合体ドローンの展示、日本海洋は汎用ROVの展示、ジュンテクノサービスとCFD販売は水槽でのFIFISHシリーズ操縦体験、スペースワンも水槽でのCHASINGシリーズのデモを行っていた。 こちらは、KDDI、KDDI総合研究所...
テラ・ラボ

テラ・ラボ、災害対策DXのための長距離無人航空機システムを展示 [Japan Drone 2021]

テラ・ラボは、3つの長距離無人航空機、現地の運航管理を担う車両、パラボナアンテナや航空レーダーなど、災害対策DXを推進するための統合ソリューションを大々的に展示した。大規模災害が起きたとき、中継装置を搭載した車両で現地付近まで向かい、そこから長距離無人航空機を飛ばして広域な観測データを取得して、人命救助とその後の救援・...
Space Entertainment Laboratory

スペースエンターテインメントラボラトリー、水上離着陸の飛行艇ドローンにEO/IRジンバル搭載 [Japan Drone 2021]

スペースエンターテインメントが展示したのは、機体をまるごと洗い流せて、水上離着陸できる飛行艇ドローン「HAMADORI 3000」だ。機体前方のプロペラ2枚と左右幅約3000mmの固定翼を使って、わずか1〜2秒で水面から離陸して、GPSを用いた自動航行で約2時間飛び続けることができる。 今年は、このHAMADORI 3...
エバーブルーテクノロジーズ、初お披露目の新作がずらり [Japan Drone 2021]

エバーブルーテクノロジーズ、初お披露目の新作がずらり [Japan Drone 2021]

昨年、Best of Japan Drone Award 2020ニュービジネス部門で審査員特別賞を受賞したエバーブルーテクノロジーズのブースは、今回初お披露目になるという新作が目白押しだった。同社は、将来的には海洋の再生可能エネルギーを"エコな船"で陸へと搬送することを見据えて、自動帆船ドローンの...
Airpeak S1

SONY製国産ドローン「Airpeak S1」が注目度No.1!「α」シリーズ搭載可能な機体を間近にじっくりと! [Japan Drone 2021]

ついに開幕したJapan Drone 2021。今回の目玉はやはりSONYが満を持して投入した「Airpeak S1」ではないだろうか。ブースには、余計な説明はなく、誇らしげにAirpeak S1が3機展示してあった。 初めて目の前にしたAirpeak S1は想像よりも小さいイメージ。1メートルサイズの機体をイメージし...
Vol.00 記事から事前予想「Japan Drone 2021」の歩き方 [Japan Drone 2021]

Vol.00 記事から事前予想「Japan Drone 2021」の歩き方 [Japan Drone 2021]

txt:田口厚&編集部 構成:編集部 ついに今年も開催まで1週間を切った日本最大級のドローン単独開催国際展示&コンファレンス「Japan Drone 2021」(6月14日(月)~6月16日(水)幕張メッセ)。都市部などの有人地帯での補助者なし目視外飛行(Level4)の解禁やそれに伴う制度改正を来年6月にひかえ、注目...
「SUPER DRONE CHAMPIONSHIP 2021」小学6年、上関風雅選手に栄冠輝く!

「SUPER DRONE CHAMPIONSHIP 2021」小学6年、上関風雅選手に栄冠輝く!

日本最大級の屋内ドローンレース「SUPER DRONE CHAMPIONSHIP 2021」が2021年3月16日、幕張メッセ国際展示場で開催された。初回の昨年、無観客開催にも関わらず放送や配信が好評だったことを受けて、第2回となる本大会の開催が決定。 初回に続いて一般観戦は見送られたが、デッドヒートが繰り広げられた。...
Sony、AirPeakドローン機体を発表 [CES2021]

Sony、AirPeakドローン機体を発表 [CES2021]

ソニーは、オールデタジタルで開催中のCES2021で兼ねてから推進中の空撮用ドローンプロジェクト、AirPeakの機体をスニークした。CES2021のプレスカンファレンスは、冒頭から吉田社長の挨拶とともにまず語られたのがこのAirPeakだ。 昨年、Airpeakブランドが立ち上げられ、その第一弾として2021年春にプ...
神戸市、ドローンの混載配送サービス実用化に向けた六甲山での実証実験に成功

神戸市、ドローンの混載配送サービス実用化に向けた六甲山での実証実験に成功

ドローンを宅配に活用しようという動きは全世界で進んでいるが、新型コロナウイルスの感染拡大以降は、自治体を中心に実用化を進める動きがある。神戸市も自治体としては早くからドローンの活用に取り組んでおり、2020年8月6日に六甲山でドローン配送の実用化に向けた実証実験が行われた。 これまでの実験との違いは、複数の商品を混載し...
[ReportNow!] Mavic Air 2プロトタイプから発表までの道のり〜DJIが明かすR&Dの秘密

[ReportNow!] Mavic Air 2プロトタイプから発表までの道のり〜DJIが明かすR&Dの秘密

DJI研究開発チームが目指す果てなき努力とその成果 2020年は、後世にいろいろ語られる年になるだろうが、まさにDJI Mavic Air 2の登場もその1エピソードとなるだろう。この価格帯にしてこの性能は驚くべきだ。 前回Mavic Air 2 開発者のインタビューに続き、今回はプロセスの裏側を紐解いていこう。 この...
「エアモビリティ前提社会に向けて新たな交通秩序を共創する」シンポジウム開催レポート

「エアモビリティ前提社会に向けて新たな交通秩序を共創する」シンポジウム開催レポート

画像は会場全体の様子 慶應義塾大学で2020年1月27日、「エアモビリティ前提社会に向けて新たな交通秩序を共創する」というテーマのシンポジウムが開催された。空と陸の交通が交差する未来を見据え、一般社団法人全国自動車学校ドローンコンソーシアムと、慶應義塾大学SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムが共催した。本レポート...
いよいよドローンも8Kの時代到来〜Autel EVOII シリーズ発表 [CES2020]

いよいよドローンも8Kの時代到来〜Autel EVOII シリーズ発表 [CES2020]

Autel Robotics(中国;深圳)がEVO IIシリーズ3機種をCES2020で発表した。基本筐体は同じでカメラ部分のスペックと機能が異なる。中でも折り畳み式ドローンの初となる8Kカメラを実装したEVO IIは注目だ。 EVO IIシリーズは最長40分飛行が行え、時速74キロのスピードで最大9キロの範囲で飛行可...
総括:世界規模で成長するドローン。そのカテゴリーに止まらない進化に期待 [CES2020]

総括:世界規模で成長するドローン。そのカテゴリーに止まらない進化に期待 [CES2020]

LVCCサウスホールのドローンエリア。入り口はDJIがブースを構える CES2020から見るドローンのトレンドとは? 昨年の総括でドローン市場は安定期に入ったと書いたが、そこには「2020年には出展が大幅に減るのではないか」という思いも含まれていた。ところがふたを開けてみると全部を取材するのが難しいほど盛況であった。展...
Eureke Park、すでに定番化、盛況なドローンスタートアップの可能性を見る(後編) [CES2020]

Eureke Park、すでに定番化、盛況なドローンスタートアップの可能性を見る(後編) [CES2020]

前編に引き続き、スタートアップが集まるエウレカパークに出展されていたドローンを紹介する。 ハイブリッド ■LONGAN VISION ハードな現場を飛行するために開発されたLONGAN VISIONのハイブリッドドローン カナダのオンタリオを拠点とするLONGAN VISIONは、ハイブリッドエンジンとARシステムを搭...
Eureke Park出展数は過去最多?ドローンスタートアップはまだまだ盛況(前編) [CES2020]

Eureke Park出展数は過去最多?ドローンスタートアップはまだまだ盛況(前編) [CES2020]

成熟したカテゴリーだからこそ新風が吹く CESの中で最も原石を見るけるのであれば、サンズエキスポのEureke Park(エウレカパーク)は外せない。かつては、ホテルのボールルームで開催されていたものだが、CESがテクノロジーにフォーカスしたこともあり、スタートアップの登竜門として年々規模を拡大し、ついには展示会場ワン...
ヒュンダイ、ブースには自動車は無し!!最新機S-A1エアタクシーUber Elevateとの協業を発表 [CES2020]

ヒュンダイ、ブースには自動車は無し!!最新機S-A1エアタクシーUber Elevateとの協業を発表 [CES2020]

ヒュンダイ自動車(以下:ヒュンダイ)はUber Eleateと提携を行い、CES 2020にて、最新のeVTOL機、最新機であるS-A1を展示。いわゆる自動車の展示は無い。同社はUberの都市型航空モビリティ (UAM) プロジェクトに参加する初の自動車メーカーであり、電気自動車の大量生産の実績を数多く挙げている。 ヒ...
僕たちは、なぜ今、Phantom 4 Proを選ぶのか?[Phantom 4 Pro 復活記念]

僕たちは、なぜ今、Phantom 4 Proを選ぶのか?[Phantom 4 Pro 復活記念]

先日、突如として発表されたPhantom 4 Pro(Ver.2.0)の再生産。しばらくコンシューマー向けのDJI空撮機はMavic 2がフラッグシップ機としてラインナップされていたものの、Phantomシリーズが好き…という方も多かったのではないでしょうか。実にPhanto4が発表されたのが2016年。 発売から3年...
Doosan 、CES 2020イノベーションアワードを受賞 [CES2020]

Doosan 、CES 2020イノベーションアワードを受賞 [CES2020]

Doosan Mobility Innovationの水素燃料電池ドローンが、「ドローン・無人システム」分野で、CESベスト・イノベーション賞を受賞した。数年前から水素燃料電池ドローンを提案し注目されてきたDoosan(斗山)だが、サウスホールの奥側には似つかわしくないくらい大規模なブースで臨んだ。今年のブースはエリア...
FLIR、小鳥のような偵察機をはじめとするドローンソリューション展示 [CES2020]

FLIR、小鳥のような偵察機をはじめとするドローンソリューション展示 [CES2020]

赤外線カメラや高性能センサーを開発するグローバルメーカーのFLIRことフリアーシステムズは、ドローン関連のソリューションを展示していた。カーボンファイバーおよびマグネシウム製で耐久性が高く、多様な用途にあわせて使える「SkyRanger R70」は、ペイロード部分に同社のカメラやセンサーが搭載できるタイプと、長いアーム...
CircuitScribe、電気回路を手書きする段ボール製ドローンキットを格安で発売! [CES2020]

CircuitScribe、電気回路を手書きする段ボール製ドローンキットを格安で発売! [CES2020]

CircuitScribeは、導電性の銀インクで電気回路を手書きできるペンを使って、段ボール製のドローンを手作りするSTEM教材「Drone Builder Kit」を発売している。 段ボール製のドローンが手作りできる「Drone Builder Kit」 STEM教育向けにドローンを工作するキットは以前にもいろいろあ...
日本人技術者が参加するイスラエル空飛ぶ自動車「ASKA」プロジェクト [CES2020]

日本人技術者が参加するイスラエル空飛ぶ自動車「ASKA」プロジェクト [CES2020]

自動車から飛行機の翼が伸びて空を飛ぶ。“空飛ぶ自動車”という単語を耳にした時に自然と思い浮かぶカタチをそのままデザインしたeVTOL Vehicle「ASKA」がCESのエウレカパーク内にあるイスラエルブースで紹介されていた。「ASKA」という名前を聞いてわかるように、イスラエル製の空飛ぶ自動車は日本の鳥から名付けられ...
SubUAS、水中と空中を自在に行き来するドローンを発表 [CES2020]

SubUAS、水中と空中を自在に行き来するドローンを発表 [CES2020]

2016年から“泳げるドローン”の開発を行ってきたSubUAS社が、水中と空中を自在に行き来するドローン「The Naviator」を実用化させ、実機をCESの会場に展示していた。 エウレカパークに展示されていたThe Naviatorの実機 水槽に入った四角いドローンは見ただけでは何かよくわからないのだが、会場で公開...
Return Top