DRONE

Matrice 30シリーズほか、産業用ドローン事例が勢揃い DJI JAPAN産業用ドローン体験会レポート[ReportNow!]

Matrice 30シリーズほか、産業用ドローン事例が勢揃い DJI JAPAN産業用ドローン体験会レポート[ReportNow!]

DJI ENTERPRISEがリアルイベントを開催

DJI JAPANが主催する産業用ドローンのメディア向け体験会が6月中旬、廃校を利用した「春日部みどりのPARK」で開催された。コロナ禍でリアルに会する体験会やイベントの実施は見送られてきたが、約3年ぶりの開催となった。また、DJIの産業用主力機Matrice 300 RTKやそのペイロード(搭載可能カメラ)、農業用ドローンT30 / T10、そして発売されたばかりの小型産業用ドローンM30など多彩な展示やデモンストレーションがあり、DJIのきめ細かなニーズに対応した製品ライナップを見ることができた。

最新産業用ドローンMatrice30シリーズほか、産業用ドローン&事例が勢揃い DJI JAPAN 産業用ドローン体験会レポート 最新産業用ドローンMatrice30シリーズほか、産業用ドローン&事例が勢揃い DJI JAPAN 産業用ドローン体験会レポート

冒頭、DJI JAPAN 呉韜(ご とう)社長よりDJI製品やラインナップ、利用状況の紹介があり、日本国内に置いては65%が業務用途利用がされている現状が示された。アメリカや中国においてはホビー用途でドローンを購入するユーザーが多いのだが、業務利用用途が多いのは日本の特徴だ。また、さまざまな分野で利活用が進んでおり、映像メディア広告、土木・建築、インフラ点検・保守、測量、事故・災害対策…などニーズも細分化している現状が数字から見て取れる。

最新産業用ドローンMatrice30シリーズほか、産業用ドローン&事例が勢揃い DJI JAPAN 産業用ドローン体験会レポート
DJI JAPAN 呉韜社長
最新産業用ドローンMatrice30シリーズほか、産業用ドローン&事例が勢揃い DJI JAPAN 産業用ドローン体験会レポート
DJIドローンの業務利用状況。産業用途を合計すると46%にものぼる

会場では、Matrice 300とMatrice 30のデモフライトも実施。多彩なペイロード(搭載可能カメラ)を持つMatrice 300では、Livox製LiDARモジュールと1インチCMOSセンサーを備えたカメラを持つ「ZENMUSE L1」を搭載した機体によるデモフライトが披露され、LiDARで取得した点群データをリアルタイムで表示する機能などを見ることができた。会場周辺のデータがカラー点群表示でどんどん取得されていく様子が確認できるインターフェイスはとてもわかりやすかった。

最新産業用ドローンMatrice30シリーズほか、産業用ドローン&事例が勢揃い DJI JAPAN 産業用ドローン体験会レポート
離陸スタンバイするMatrice 300 RTK。ZENMUSE L1(LiDAR)を搭載してデモフライト
最新産業用ドローンMatrice 30シリーズほか、産業用ドローン&事例が勢揃い DJI JAPAN 産業用ドローン体験会レポート
会場敷地上空を自動航行で測量飛行。飛行範囲をMap上で囲むと飛行ルートは自動設定される
最新産業用ドローンMatrice30シリーズほか、産業用ドローン&事例が勢揃い DJI JAPAN 産業用ドローン体験会レポート
ZENMUSE L1が点群データを取得する様子がリアルタイムで表示されている。画面左半分はL1の光学カメラからの映像、右半分がリアルタイム点群

そして最新のMatrice 30も屋内でフライト。ピクリとも動かない超安定ホバリングはさすがとしか言いようがなく、小型のボディで決して広いとは言えない体育館の中でも恐怖感なくフライトしていた。特に、小型ボディに高性能な赤外線・ズーム・光学カメラが一体化された構成は、機体セッティングからフライトまでの作業が空撮機のように簡単ですぐに運用できるメリットが高い。バッテリーステーションやキャリングケースもコンパクトで、飛行性能だけでなく運用面も考慮された機体だ。

最新産業用ドローンMatrice30シリーズほか、産業用ドローン&事例が勢揃い DJI JAPAN 産業用ドローン体験会レポート
とてもコンパクトなMatrice 30
最新産業用ドローンMatrice30シリーズほか、産業用ドローン&事例が勢揃い DJI JAPAN 産業用ドローン体験会レポート
スマートコントローラーも新デザイン。画面が大きく横長のスタイル
最新産業用ドローンMatrice30シリーズほか、産業用ドローン&事例が勢揃い DJI JAPAN 産業用ドローン体験会レポート
キレイにビタッとホバリングするMatrice 30
最新産業用ドローンMatrice30シリーズほか、産業用ドローン&事例が勢揃い DJI JAPAN 産業用ドローン体験会レポート
天井ライトを赤外線カメラで撮影。安定したホバリングと正確な障害物検知の中で赤外線・ズーム・広角カメラを物理的に交換することなく手元の画面タップで簡単に切り替えられるのは業務効率がよい

ユーザーの活用事例紹介

ほかにも、ユーザーの活用事例紹介として講演やトークセッションが開催された。風車のブレードを自動航行で点検する事例やさまざまな測量機器とともにドローンが公共測量で活用された事例、災害の現況調査での活用事例などが紹介された。

最新産業用ドローンMatrice30シリーズほか、産業用ドローン&事例が勢揃い DJI JAPAN 産業用ドローン体験会レポート
キプランドナップ ドローン部部長兼長崎支店長 入柿雅一氏
地上赤外線カメラとMatrice 300 RTKの赤外線カメラの外壁点検撮影比較。地上からだと画角が斜めになってしまうが、Matrice 300 RTKの赤外線カメラは壁に垂直にカメラを当てられるのでより正確な状況把握が可能だ
最新産業用ドローンMatrice30シリーズほか、産業用ドローン&事例が勢揃い DJI JAPAN 産業用ドローン体験会レポート
スカイ・ジョイント 程内琢磨 代表取締役
最新産業用ドローンMatrice30シリーズほか、産業用ドローン&事例が勢揃い DJI JAPAN 産業用ドローン体験会レポート
河川の公共測量に置いて既存のさまざまな測量機器と組み合わせてMatrice 300 RTK+P1を活用。20kmにもわたる河川現況データを作成した
最新産業用ドローンMatrice30シリーズほか、産業用ドローン&事例が勢揃い DJI JAPAN 産業用ドローン体験会レポート
ITH合同会社 髙見 雅之 代表(左)と福井コンピュータ 中村 光史 氏
最新産業用ドローンMatrice30シリーズほか、産業用ドローン&事例が勢揃い DJI JAPAN 産業用ドローン体験会レポート
測量データとMatrice 300 RTK+ZENMUSE P1で作成したオルソ画像を重ねることで詳細な測量前の事前調査やヒューマンエラーの抽出に役立てることができる。実際の空撮画像があることで自治体担当者にもわかりやすく、データを見せることでいちばん驚いたのは自治体職員だという
最新産業用ドローンMatrice30シリーズほか、産業用ドローン&事例が勢揃い DJI JAPAN 産業用ドローン体験会レポート
災害現場をMatrice 300 RTK+ZENMUSE L1で測量。樹木があっても正確な地形を測量できる他、突き出て崩落のリスクのより高い"オーバーハング”部分(データの白飛びしているところ)も福井コンピュータのデータ解析ソリューションで正確な地形を把握することができる。このような現況データを早い段階で取得できる体制があれば、その後の計画⇒施工まで迅速に進めることが可能だ
最新産業用ドローンMatrice30シリーズほか、産業用ドローン&事例が勢揃い DJI JAPAN 産業用ドローン体験会レポート

各分野の事例紹介を中心としたプレゼンテーションは、産業用ドローンの活用がさまざまな分野・方法に浸透してきていることがわかるものだった。また、そのニーズに対して確実かつ効率的に対応できるハードウェア&ソフトウェアを提供し続けているDJIのラインナップは今後の展開も注目だ。

djimini3pro
Return Top