DRONE

Skydio、自律性+自動化で次の一歩へ〜Skydio Cloudなどの発表とX2シリーズ出荷開始 [AUVSI XPONENTIAL 2021]

Skydio、自律性+自動化で次の一歩へ〜Skydio Cloudなどの発表とX2シリーズ出荷開始 [AUVSI XPONENTIAL 2021]

リアル開催されていた2019年の会場より

AUVSI XPONENTIAL 2021がオンラインで開催中だ。ドローン業界関係者であれば参加必須のイベントだ。今年2021は2つのイベントに分かれており、XPONENTIALは、オンラインカンファレンスと8月にアトランタで開催されるリアルイベントで開催される。

今回は5月4日から6日まで開催されているオンラインの方から、いくつか紹介していこう。

Skydio~自律性+自動化

人工知能と自動化をドローンとワークフローに重視している米国のドローン企業、Skydio社は、ドローンの進化における次の章は、ソフトウェアと自律性にあると言及している。同社は、AUVSI XPONENTIAL Conferenceにおいて、基調講演に加え、ドローンの未来といくつかの新製品について説明した。

Skydioのドローンといえば、GPSが遮断され、干渉を受けやすい環境下で、複雑な構造の狭い空間をAIでスキャンすることが可能で注目を浴びた企業だ。さらに、パイロットが最小限の入力をするだけで、スキャンのプロセス全体を把握し、自分で作業を行う。Skydioは、この能力と新しいソフトウェアやハードウェアの組み合わせが将来の課題だと述べている。

Roy Goldman(Skydio)image ©AUVSI XPONENTIAL

Skydio社は、ドローンが"世界をより良い場所にする"ためにできるすべての素晴らしいことのビジョンを持って設立されたと述べました。消費者の世界だけでなく、産業やその他の専門的な分野を根本的に変えるために、検査の自動化、世界のインフラのマッピングやモニタリング、状況認識のためのドローンの使用など、さまざまなことが考えられます。

製品管理責任者のRoy Goldman氏は以下のようにコメントし、このような可能性を秘めたドローンには、限界があるとゴールドマンは言い、最後に問題を提起した。それは、ドローン自体の操作方法である。

熟練したパイロットを育成し、規模を拡大するのは難しく、コストもかかります。また、専門家であっても、ドローンを墜落させるリスクは非常に高いのです。

その解決策はあるのだろうか?

Skydioでは、この問題を解決し、そのビジョンを実現する方法は、自律性だと考えています。その答えは、自律性+自動化です。パイロットを完全に排除するということではありません。しかし、それはAIと自動化を利用して、機械に仕事の大半を任せることを意味します。ここではソフトウェアが重要な役割を果たします。

Skydio社はもちろんドローン自体のハードウェアも重要だと言及している。

私たちのドローンは、全方位から世界を見ています(笑)。200°視野角の魚眼レンズ6台搭載しており、飛行している世界の3Dマップをリアルタイムで作成可能です。その結果、非常に飛ばしやすく、墜落しにくいスマートなドローンができあがりました。

実際、ファーストレスポンダーを対象とした同社の入門セッションでは、ドローン未経験者でも、Skydio 2を持ってわざと墜落させてみるというトレーニングがあるのだ。

Skydioドローンは、これらのカメラによって周囲の状況を常に把握し、さらにSkydio Autonomy Enterprise Foundationとの連携により、これらのカメラを使ってドローンパイロットに360°の視界を提供する。その画像の中から、パイロットがズームアップすることが可能だ。この機能は、エンジニアや警察など、目的の場所を迅速に特定したい場合に有効に機能する。

また、Skydio社のドローンは、橋桁や格子構造の中などの狭い場所でも航行することが可能だ。両側にわずか約10cmの隙間しかない環境でも航行できるということは驚くべきことだろう。

運行管理とデータ管理

複数ドローンを保有し、常にデータを取得してマイクロSDカードを交換する作業を強いられている。これを解決するいい方法はないだろうか?Skydio社は、その答えに新しいSkydio Cloud機能を発表した。

Mike Ross (Skydio) image ©AUVSI XPONENTIA

このプレゼンテーションでは、Skydio社の製品開発担当シニアディレクターであるMike Ross氏がプレゼンテーションを行った。

ドローンが収集するすべてのデータを管理するためには、強力な運行管理プラットフォームが必要です。Skydio CloudはSkydioアーキテクチャの新しいレイヤーであり、今後のコネクテッド・フライト・オペレーションの基盤となるでしょう。

Skydio Cloudは、まだリリースされたばかりで、すべての機能が稼働しているわけではありませんが、Skydio社はSkydio Cloud機能に大きな計画を持っています。

現在のところ、運行管理ツールと、カードを使わずにドローンからデータ取得の自動メディア同期機能を備えている。しかし、他にも予定されているいくつかの機能があり、すぐに実装される予定だという。

今年の後半には、Skydioの自律性のパワーを真に引き出す2つの追加機能をリリースする予定です。Skydio Streamingでは、Skydio Enterpriseコントローラ、Skydio Enterpriseアプリ、または車両から直接映像を送信し、Skydio Cloudを介して組織内の誰とでもリアルタイムに映像を共有することができます。

Skydio社のドローンが追加有料になるが、3Dスキャンソフトウェアの使用によって、スキャンしたい構造物を含むボリュームを指定すればSkydioが自動で実行してくれる。

このようなソフトウェアと自動化によって、Skydio社のドローンの能力が発揮されるとRoy Goldman氏は言及する。

この種の製品としては初めてのものです。3Dスキャンは、あらゆる構造物やシーンを自律的かつ適応的に分析し、その構造物やシーンのあらゆる意味のある角度を捉えた、完全で効率的な写真撮影プランを生成して実行します。3Dスキャンは、まさに検査とマッピングの新しい時代の始まりです。

実際、橋梁の点検を行っている日本企業、株式会社ジャパン・インフラ・ウェイマーク(JIW)では、Skydioのドローンとこのソフトウェアを使用しており、非常に効率的な作業を実現していることも紹介された。

現在出荷中のX2ドローン

また、Skydio社は、新しいX2シリーズのドローンの出荷を開始した。X2シリーズの新製品は、サーモグラフィをやめ、広角のカラーカメラを搭載したもので、近距離での検査に適している。

Return Top