DRONE

PRODRONE、水空一体型ドローンやミリタリースペックシングルローター、インテリジェントドローンなど多彩なバリエーションを展示 [Japan Drone 2021]

PRODRONE、水空一体型ドローンやミリタリースペックシングルローター、インテリジェントドローンなど多彩なバリエーションを展示 [Japan Drone 2021]

毎回話題性の高いドローンを開発するPRODRONE。今回はKDDIと共同開発した世界初の水空一体型ドローンを目玉展示に据えての参加となった。

PRODRONE

水空一体ドローンは海の中でのサンゴの育成状況や赤潮の確認など、これまで人が船に乗って現地確認作業をしていたことの省力化を目的に作られた。目的地まで空中ドローンが自律的に移動・着水し、水中ドローンが分離・潜航して点検作業を行うことができる。

機体カラーはかつての少年たちには懐かしい「サンダーバード4号(水中・水上を高速移動できる救助艇…という設定の架空機体)」をイメージした派手な黄色となっている。各種メディアでも取り上げられ、来場客の評判も上々という。

PRODRONE
空中ドローン(親機)が着水後に水中ドローン(子機)が潜水する
PRODRONE
水中ドローン発射口の上には防水仕様GoProカメラも搭載
PRODRONE
ド派手な黄色いボディ上部にはKDDIとの強い連携を表すロゴがある

ブースではほかにもミリタリースタンダードなスペックを有するシングルローター機や点検用途に利用可能なインテリジェントなクワッドコプター、ドローン配送用の物流機、トンネル天井面点検用ドローンなど同社の開発力を裏付けるバリエーションに富んだ展示となっていた。

PRODRONE

三菱重工と共同開発したエンジン駆動(120cc)のシングルローター。2時間フライト&飛行可能風速は30m/s。海での広域監視や離島感での風が強い環境での物流などの利用を想定。

PRODRONE
光学20倍ズームカメラ(SONY製モジュール)を、強力な防振性能を備えたジンバル上に標準装備。LTEを利用した自律飛行にも対応
PRODRONE
長野県伊那市のドローン配送事業でも利用されている配送用ドローン(コンパクトに折り畳められた状態)。高い安全性を求められる国土交通省の飛行許可申請Level 3にも対応
PRODRONE
トンネル天井面を想定した点検用ドローン。天井に張り付いて効率的に検査ができる

戸谷代表取締役社長:エッジの効いた機体はもちろんのこと、強くて頑丈な機体、それがPRODRONEの真骨頂だと思っています。既存領域として、しっかりと開発を行いつつ、現在研究中の次世代エネルギーである水素燃料電池を活用した機体も展開していきたいと思います。

日本のドローン黎明期から国産メーカーとして存在感を保ち続けるPRODRONE。近年のKDDIとの強力なタッグにより、さまざまなニーズに応じたソリューションとしての機体開発力にさらに磨きがかかった。次世代エネルギーやLevel 4に向けた今後の開発にも目が話せない存在だ。

Return Top