DRONE

SkyLink JapanとACSL、太陽光パネル点検のドローン・ワンストップソリューション提供開始

SkyLink JapanとACSL、太陽光パネル点検のドローン・ワンストップソリューション提供開始

太陽光パネル点検に使用する小型ドローンMini

SkyLink Japanは、株式会社自律制御システム研究所(以下:ACSL)と協業し、ドローンによる太陽光パネル点検の撮影から、AIによる画像診断までワンストップで実施できるソリューションの提供を開始する。

太陽光パネルは屋外にあるため、経年劣化やホコリや落ち葉等の様々な汚れにより、発電量の低下やパネルの故障を引き起こす場合がある。また、2017年に改正されたFIT法により、太陽光発電事業者に事業計画の提出と保守点検の義務が課せられるようになり、定期点検の重要性が増している。

しかし、太陽光パネルの点検は、検査員が測定器をもってモジュール一枚一枚点検していくため時間がかかる、人が点検するため見落としなどの人的ミスが発生する可能性があるという課題があるという。

ACSLは、国産の産業用ドローンを開発しており、物流、インフラ点検、災害等、様々な分野で採用されている。ドローンの制御を担うフライトコントローラを自社で開発しており、インターネット通信なしでの運用が可能で外国のサーバーをアクセスする必要がないなど、セキュアで安心なドローンの社会実装を推進している。

SkyLink Japanは、2020年7月にベルギーに本社を置きドローンで取得されたデータを分析するプラットフォームなどを開発するSITEMARK社と業務提携し、日本でのAIによる太陽光パネル診断ソリューションのサービス提供を開始している。

両社は、太陽光パネル点検における課題を解決するため、ACSLが開発した国産の産業用ドローンMiniとSkyLink JapanがもつAIによる太陽光パネル診断ソリューションを組み合わせることで、太陽光パネル点検のワンストップソリューションを提供する予定だとしている。

■太陽光パネル点検のワンストップソリューションの特長

  1. ACSLが独自に開発した国産のフライトコントローラを搭載した、セキュアで安心なドローン(Mini)を使用
  2. 小型の機体で取り回しがしやすく、高低差のある太陽光パネル設置地域でも可搬性に優れる
  3. 赤外線デバイスの世界的リーディングカンパニーである米国FLIR systems社製カメラを採用し、高い性能と信頼性を確保
  4. クラウド上にドローンで撮影した可視光線画像や赤外線画像データを蓄積、また経年変化を観察できるよう時系列でも取り扱え、広大な施設でも容易に一元管理が可能
  5. 太陽光パネルの異常箇所であるホットスポットなどをAIによる診断で抽出し、異常箇所の数や大きさから売電損失額を算定し分析することで大幅な改善も期待できる

AIによる太陽光パネル診断・クラウドサービス「サイトマーク」

■ドローン機体「ACSL Mini(GPS)」の主な仕様

  • 機体サイズ:高さ300×幅704×奥行き704mm
  • 機体重量:3.15kg(バッテリ1本含)
  • 最大飛行時間:48分(ペイロード無し)、33分(カメラ・ジンバル搭載時)

■赤外線カメラ「FLIR Duo Pro R(640)」の主な仕様

  • 赤外線解像度640×512、FOV 45°×37°(13mm)/32°×26°(19mm)/25°×20°(25mm)フレームレート30Hz
  • 可視光解像度4000×3000、FOV 56°×45°、動画最大4K
  • 赤外線画像のディテールを鮮明にする「スーパーファインコントラスト(MSX)技術」対応
Return Top