DRONE

リモートID

Tagged
ブレイブリッジ、完全内製化で低価格なリモートID端末と受信機を開発中[Japan Drone 2022]

ブレイブリッジ、完全内製化で低価格なリモートID端末と受信機を開発中[Japan Drone 2022]

IoT機器や無線機器を開発・販売するブレイブリッジは、今注目のリモートID端末を展示していた。 航空法の改正により、6月20日から100g以上の無人航空機は機体登録およびリモートID機能の搭載(および情報発信)などが義務化された。 6月19日までに機体情報の事前登録を済ませればリモートID機能の搭載は3年間免除されるわ...
20220622_dji_top

DJI、無人航空機の登録義務化に伴うリモートID対応開始

DJI JAPAN株式会社は、2022年6月20日より開始された無人航空機の登録義務化に伴い、日本国内向けに販売している一部機種に関し、ファームウェア更新による内蔵リモートID機能対応を開始する。 対応機種は以下の通り。 カテゴリー モデル 一般向けドローン DJI Mini 3 Pro、DJI Mavic 3、DJI...
Skydio、ドローンにリモートID機能を搭載。無人航空機の登録義務化に対応

Skydio、ドローンにリモートID機能を搭載。無人航空機の登録義務化に対応

Skydio合同会社は、日本国内で提供している機体において、リモートID機能を搭載した。同機能は、6月20日から開始された無人航空機の登録義務化に対応するとしている。ユーザー側で、機体およびアプリに内蔵された制御用ソフトウェアのアップデートを実施した後、登録手続きして完了となるという。 同社は、AIによる自律飛行技術や...
20220620_eamsid_top

イームズロボティクス、「ドローン飛行情報確認システム」提供へ。リモートID情報受信、位置情報を瞬時に把握

リモートID受信機(3方式受信が可能) イームズロボティクス株式会社は、共同印刷株式会社と「ドローン飛行情報確認システム」を共同構築した。ドローンの利活用が進む中で、空の安全、安心を確保するためのシステム提供を8月中に開始する予定。 近年ドローンにおいては、無許可の飛行や禁止区域の飛行事案が頻発している。このような状況...
20220602_alpsalpine_top

アルプスアルパイン、ドローン向けにリモートID機器量産開始

アルプスアルパイン株式会社は、ドローンの識別情報である機体固有ID(登録記号)や機体の位置情報などを電波で発信する、国土交通省が定める仕様に準拠した無線送信機「リモートID機器」を開発した。 改正航空法の2022年6月20日施行により機体の登録・固有IDの掲示が義務化となるドローン向けとして、5月下旬より量産を開始。既...
DJI、無人航空機の登録義務化に伴い、内蔵「リモートID」機能対応モデルは?

DJI、無人航空機の登録義務化に伴い、内蔵「リモートID」機能対応モデルは?

DJI JAPAN株式会社は、2022年6月20日より開始される無人航空機の登録義務化に伴い、日本国内向けに販売している一部機種に関し、今後のファームウェア更新で内蔵リモートID機能対応を行う。 対応時期 2022年6月20日以降、順次対応していく予定。今後、同社ニュースルーム、また公式ホームページ各製品頁にて詳細を案...
20220531_tead_top2

TEAD、ドローン機体登録制度に対応「リモートID」販売開始

TEAD社製リモートID発信機。ユーザーの利便性を考え独自の無線技術を駆使し小型・軽量化を実現 TEAD株式会社は、2022年5月20日に「リモートID」を販売開始した。同日、航空法改正に伴うドローンの機体登録制度に対応する「リモートID」の出荷式を実施。共同開発会社であるパナソニックシステムデザイン株式会社、A&am...
202220526_braveridge_top

Braveridge、基板タイプ「リモートID」製品化。ドローン搭載義務化対応

株式会社Braveridgeは、2022年6月20日からのリモートID機器の搭載義務化に対応した低価格の「リモートID」を開発、製品化した。2022年8月から発売開始する。希望小売価格はオープン。 航空法改正により、2022年6月20日から100g以上の無人航空機(ドローン、ラジコン機など)にはリモートID機器の搭載が...
イームズロボティクス、「リモートID」の開発・販売をリリース。過去機種・他メーカー品にも搭載可能な小型モデル

イームズロボティクス、航空法改正に伴い「リモートID」を開発・販売。過去機種・他メーカー品にも搭載可能

国産ドローンメーカーのイームズロボティクス株式会社が、2022年6月以降に販売するEAMS製品のすべてに「リモートID」を装着する。 また、過去に販売された機種や、他メーカー品にもリモートIDを搭載できる「外付けモデル」も販売。 外付けモデルは10月から販売、来年2022年3月から順次出荷される。価格はオープン価格。 ...
Return Top