DRONE

AMAZON

Tagged
アマゾン、ロボット掃除機「ルンバ」のiRobot社買収へ

アマゾン、ロボット掃除機「ルンバ」のiRobot社買収へ

2002年に「ルンバ」を発売以来、iRobotはロボット掃除機をリードする企業である。iRobotのチームは、革新的な清ロボット掃除機を開発し、多くのユーザーを獲得してきた。今回アマゾンが、iRobotを買収することになった。 私たちは、時間の節約は重要であり、家事は、お客様が好きなことに費やせる貴重な時間であることを...
Amazon Prime Airがドローン配送の準備を開始

Amazon Prime Air、5年越し念願のドローン配送開始へ

Amazonは、カリフォルニア州ロックフォードで、ドローンが自宅の裏庭で荷物を配達するサービスの準備段階に入っていることを発表した。 「Prime Air」を導入すると、AmazonでPrime Airの対象商品を見ることができる。通常と同じように注文をし、注文の状況ステータスと同時に到着予定時刻を受け取る。ドローンは...
20220428_amazon_top

Amazon Prime AirがXPONENTIALに出展、その目的は?

ドローン配送の一番手と目され業界から注目されてきたAmazon Prime Air。 しかしながら最近少し話題が少なく、2020年後半には大量のレイオフも伝えられていた彼らがXPONENTIALにブース出展していたので、その目的を尋ねてみた。 担当者曰く以下のようにコメントしていた。 今回我々は機体やサービスの展示では...
Amazon家庭用セキュリティードローンRing Always Home Cam発売開始

Amazon家庭用セキュリティードローンRing Always Home Cam発売開始

Amazonの快進撃が止まらない。Astroに続き、家庭用セキュリティードローン「Ring Always Home Cam(以下:Ring)」の発売を開始した。Ringの価格は249ドルで、販売はアメリカのみとなり、日本での販売は未定だ。 「Ring」は元々外出先からWi-Fi経由で訪問者の顔を遠隔で確認できるスマート...
Amazon、ロボットAmazon Astro発表! いよいよ家庭に一台の時代へ

Amazon、ロボットAmazon Astro発表! いよいよ家庭に一台の時代へ

Amazonが家庭用移動型のロボット「Amazon Astro」を発表した。Astroは、AI搭載、SLAMと車輪機構による自律移動し遠隔操作も可能になっている。ペットのようなフォルムで、カメラ、ディスプレイ等を搭載している。もちろんAlexaに対応で日々のエンターテイメントのサポートや警備や見守りなど幅広い活用を想定...
Amazon、ドローンでスキーヤーやサーファーを牽引、新特許出願で明らかに

Amazon、ドローンでスキーヤーやサーファーを牽引、新特許出願で明らかに

先日Amazonが本格的にPrime Airでドローン配送のFAA認可をお伝えしたばかりだが、Amazonはドローンを配送だけに使用するわけではないようだ。Amazonが出願した新しい特許は、スキーヤー、サーファー、スケーターなどのために設計されたドローンで牽引するシステムのアイデアを明らかにしている。 Amazonが...
Amazon、Prime Air FAA認可。空からの配送、さらに現実化

Amazon、Prime Air FAA認可。空からの配送、さらに現実化

FAA(連邦航空局)は、Amazonに対してドローン配送サービスを開始するための規制空域の許可をした。FAAは、Amazonが取り組んでいる配送ドローンサービスであるPrime Airに対して航空運送業者としての認可を与えたことになる。 FAAの役割は、あらゆるUAS操作が安全に行われるようにすることです。FAAは、特...
Amazon、自動運転のZoox社を買収

Amazon、自動運転のZoox社を買収

Zooxは、「乗客のことを第一に考え、自律走行技術をゼロから設計することで、ライド・ハイリングの未来を開拓している先進的なチーム」と表現されており、ZooxのCEOであるAicha Evans氏とZooxの共同創業者兼CTOであるJesse Levinson氏のリーダーシップの下、単独事業として運営を継続することに決定...
Amazon Prime Air、技術を生かし、フェイスシールド開発。医療従事者の保護に貢献

Amazon Prime Air、技術を生かし、フェイスシールド開発。医療従事者の保護に貢献

新型コロナウイルス拡大によって、第一線で活躍する医療従事者のためのフェイスシールド保護具は、今もなお不足している。必要性を感じたAmazon Prime Airの機械設計チームとハードウェアチームは、問題の解決に貢献したという。 日本国内でもこの緊急事態でマスクやアルコールを急遽提供する企業が増えている。緊急事態だから...
FAA、「リモートID」について、AirBus、Amazonなど技術協力8社を選定。技術仕様を固め、普及に着手

FAA、「リモートID」について、AirBus、Amazonなど技術協力8社を選定。技術仕様を固め、普及に着手

FAA(米国運輸省連邦航空局)は、昨年発案説明された、リモートID(遠隔識別)サプライヤー要件を確立するために認定の8社を発表した。リモートIDは、ドローンがアメリカ空域内で活動している間に、遠隔からでも識別情報や位置情報を確認できるナンバープレートのようなものである。 FAAは、将来のリモートID UASサービスサプ...
アマゾン、ドローン配送サービスインまもなく。Prime Airドローン機体新デザインも発表

アマゾン、ドローン配送サービスインまもなく。Prime Airドローン機体新デザインも発表

Image Via JORDAN STEAD / Amazon ラスベガスで開催中のAmazon主催のre:MARS会議(機械学習、自動化、ロボット工学、宇宙などのカンファレンス)において、最新のPrime Airドローン機体デザインが発表された。15マイルまで飛行可能な機体で、30分以内に顧客に重量5ポンド以下のパッ...
Amazonの新特許はプロペラにひと工夫!

Amazonの新特許はプロペラにひと工夫!

Amazonはドローンのプロペラ製作に対する特許を提出した。特許の内容は警告音や特定の言葉を出すことのできるプロペラだ。Amazonは人々の家やオフィスに荷物を届けることに尽力を続けており、FedExやDHLといったデリバリー関係の企業のやり方とは一線を画している。今回の特許は二つの要素から成り立っているという。 1つ...
アマゾン、アマゾンプライムドローンのティザーサイトを公開。新型ドローンのプロトタイプも紹介

アマゾン、アマゾンプライムドローンのティザーサイトを公開。新型ドローンのプロトタイプも紹介

昨日お伝えしたAmazon Prime Airの続報である。Amazon.comは、週末に新しいドローンとデリバリサービス構想を紹介するページを公開した。 アマゾンが最初にサービス計画をCBSテレビ番組にて打ち明けて以来、2年ぶりに進捗を一般に公開したことになる。公開ページでは、新型ドローンの写真から、30分以内に配達...
Amazon Prime Air 仕様変更でドローンから固定翼へ。サービスローンチも間も無くか?

Amazon Prime Air 仕様変更でドローンから固定翼へ。サービスローンチも間も無くか?

2015年中にサービスインする予定だった配達ドローンを使った30分以内の配達サービス「Amazon Prime Air」の最新ムービーを公開。幾つかの仕様点が変わったようだ。機体の変更があり、マルチコプターだったものが、固定翼に変更されている。また、受け取りの際のアプリやドローンの着陸地を指示するために専用マットを置く...
カリフォルニア州で起こるドローン規定。Amazon、Googleのドローン事業にも影響の恐れ

カリフォルニア州で起こるドローン規定。Amazon、Googleのドローン事業にも影響の恐れ

カリフォルニア州において、2015年はドローン法における重要な年とみられる。 カリフォルニア州上院法案142の通過により、無人航空機システム(UAS、ドローン)の飛行が制限されることになる。上院法案142(SB 142)では、不動産所有者および土地所有法人の許可なしでは、その土地の空上350フィート以内での飛行ができな...
Amazonがドローンハイウェイ構想を提案

Amazonがドローンハイウェイ構想を提案

Amazonのドローン配達構想がまた進展を遂げた。同社はNASAのUTM(Unmanned Aerial Systems Traffic Management Convention)にて、「ドローンハイウェイ」の構想を発表した。  「ドローン技術を安全にかつ最大限に引き出すためには、無人航空機、特に目で追うことのできな...
Return Top